VMログインプロキシとBright Dataの統合

VMログインの仮想ブラウジングプロフィールで物理端末を使用して複数のオンラインアカウントと登録・管理します。これにより、アンチアソシエーション機能とフィンガープリントセキュリティを有効化できます

VMログインの仮想ブラウジングプロフィールで物理端末を使用して複数のオンラインアカウントを管理します。これにより、アンチアソシエーション機能とフィンガープリントセキュリティを有効化できます。

Bright DataとVMログインを統合する手順のガイドを説明します

  • こちらからVMログインをダウンロードしてインストールします(3日間無料トライアル)
  • VMログインを起動して開始し、新規のブラウザプロフィールを作成します:
    • 「ランダムプロフィールの取得」をクリックします
    • オペレーティングシステム、画面解像度、言語、WebGLベンダー、タイムゾーン、メディア端末のフィンガープリントなどユーザーに最適な設定を選択します。
  • ユーザーのブラウザプロフィールでプロキシサーバーを設定します:
  • プロキシマネージャをインストールして起動すると、自動的にhttp://127.0.0.1:22999/ブラウザインターフェースが開いて管理できます。
  • まず、プロキシマネージャでプロキシポートを作成します:
    • Bright Dataにログインし -> 「スタート」をクリックします
    • 「ネットワーク」でBright Dataまたは使用する他のネットワークを選択します。
    • 設定 -> ブラウザ(Puppeteer/Selenium)
    • プロキシポートを作成したら、ブラウザを閉じます これまでの手順を示した下図を参照してください
  • VMログインのダッシュボードでプロキシを開いて設定したら、プロキシをテストします。たとえば: プロキシタイプ:HTTP IPアドレス:127.0.0.1 ポート:24000
  • 複数のポートを作成して各ポートに異なるIPアドレスを指定する必要がある場合には、以下に示すようにプロキシマネージャで設定できます:
    • ポート設定に進みます(たとえば、ポート番号24000)
    • 全般-&gt、複数のプロキシポート-&gt、ポートの下図を選択(5など)したら、「IPごとにプロキシポートを増やす」セクションをスクロールダウンし、使用するポートを選択します。

Dataset Sample Request

コールを予約する