ウェブアンロッカー

100%の成功率で自動化されたウェブサイトロック解除ツール

料金プランに関するFAQ

当社のウェブサイトに掲載されている価格はすべて米ドル価格です
Bright Dataは、悪意のある使用の抑止、防止、および実施の原則に基づいて高いコンプライアンス基準を維持し、当社のネットワークが顧客にとって安全であり、倫理的であることを保証しています。そのコンプライアンス審査及びプロセス費となる$ 1を、ご希望のお支払い方法のご選択時にご請求をさせていただいております。同プロセスへのご協力へのボーナスとして、$ 5を(合計$ 6)をあなたに報酬として与えます。
すべての請求計算は、ダッシュボードのタイムゾーンであるUTC +0に従って行われます。これは請求にどのように影響しますか?Zoneを有効または無効にするオプションがあります。有効化/無効化の時間はUTC時間であるため、それに応じて日次料金が適用されます。
毎月の最低コミットメント–各プランでは、アカウントが「アクティブ」ステータスのときに、毎月初めに最低金額を支払うことをコミットする必要があります。この最小コミットメントにより、基本的な使用量の制限が設定されます。使用量が最小コミットメント量を超えたら、サービスを継続して使用するために追加の資金を追加する必要があります。
いいえ。アカウントを一時停止することを選択した場合、現在割り当てられているIPは保存されません。
はい、可能です。 Bright Dataデータセンター、静的レジデンシャル、レジデンシャル、およびモバイルネットワークを毎月の契約なしで使用できます。 Zone名の横にある鉛筆マークをクリックし、プランを「従量課金制」に調整するだけです。IPタイプがIP /専用タイプまたはGIPごとに支払う場合は、Zoneに割り当てられたIPに対して課金されることに注意してください。
しばらく使用を停止したい場合は、アクティブゾーンを簡単に無効にすることができます。課金システムは、Zoneが無効になっている日には課金せず、ゾーンがアクティブだった相対時間と、該当する場合は毎月の事前コミットに対してのみ課金します。管理画面からいつでもアクティブに戻すことができます。 注:ZoneまたはZone機能(例:都市または国)が同じ日に有効または無効にされた場合、その日の料金計算は、最高機能価格で計算された場合と同じように計算されます。
  • すべてのZoneを無効にすると、コミット前の料金も停止します。ただし、少なくとも1つのアクティブゾーンがある限り、事前コミットされた固定費が適用され、料金が請求されます。
  • 専用IPを使用してデータセンターZoneまたはレジデンシャルZoneを無効にすると、すべてのIPがプールに解放されます
データセンターのIPを更新すると、IPの種類に応じてコストが異なります。
  • 専用データセンターIPの更新:$ 0.5 /更新 / IP
  • 専用ドメインデータセンターIPの更新:$ 0.04 / 更新 / IP
  • 共有データセンターIPの更新:$ 0.02 / 更新 / IP
Bright Dataの請求サイクルは、毎月1日から始まります。これは、アカウントステータスがアクティブである限り、毎月1日に自動的に毎月のアカウント固定費の料金が請求されることを意味します。
お客様がデータセンターのIPのみを使用する場合、コストは毎日計算されます。アカウントの現在の残高からこの1日の費用を差し引き、使用可能な残りの残高を示します。コストは、使用されるIPタイプ(共有と専用)、および使用される帯域幅/ GBに応じて計算されます。また、追加機能(専用時間や専用ドメイン/ホストなど)の追加コストも計算します。 上記の費用は毎月1日に請求されます。アカウントに残っている残高は、将来の使用に利用できる金額を反映します。
月の半ばにBrightDataに参加した場合、最初の最小アカウントコミットメントの支払いは参加日に請求され、使用量はその月にアカウントがアクティブだった日にのみ遡及的に適用されます。 例:6月25日にBright Data Residential Networkに参加し、料金プランに月額最低500ドルのコミットメントがあり、最初の支払いは500ドルです。 7月1日に何が起こりますか?
  • 弊社システムでは、同お客様のアカウントが6月の6日間だけアクティブであったことを確認します。これは、月の20%であるため、最小月額コミットメントの相対的な部分は$ 100になります。使用料がそれより高くない限り、6月の費用は100ドルになります。
  • 請求書をお送りし、6月の費用に対する残高から$ 100を受け取り、残高を$ 400のままにします。
  • 毎月1日に残高が最低月額コミットメントに準拠する必要があるため、7月の最低月額コミットメントに準拠するためにクレジットカードに$ 500を補充するために、$ 100を請求します。
はい、弊社のデータセンターと静的レジデンシャルプランは、無制限のデータ量をカバーしています。
特定の月にアカウントの残高の85%を使用すると、アカウントに資金を追加するように要求するメールが届きます。アカウントに資金を追加しない場合、アカウントの残高を100%使用するまで、アカウントは引き続き機能します。アカウントの残高の100%に達する使用量に達すると、追加の資金が追加されない限り、アカウントは停止されます。アカウントをアクティブにして機能させるために、「自動チャージ」をオンにすることをお勧めします。
アカウントが1か月間「アクティブ」ステータスのままである場合、使用料が最小コミットメントを下回ったかどうかに関係なく、毎月のコミットメントは翌月に繰り越されません。
<pclass=”faq_unit_item_p”>はい。 [使用制限]列の[Zone]ページでは、次の2つの方法で1日の使用を制限できます。
  • 帯域幅(バイト)
  • 使用金額(ドル)

毎日の使用量に達すると、ゾーンは自動的に停止されます。

<pclass=”faq_unit_item_p”>ゾーンの制限は15分ごとに計算されることに注意してくださいすぐには有効にならないため、ゾーンは15分の使用で制限を超える可能性があります。  

注:負荷が高い場合、統計計算に遅延が生じる可能性があります。ゾーンの使用統計を手動で更新するには、ゾーンの名前をクリックしてゾーンを開き、統計テーブルに移動して、目的の日付の近くにある[再計算]ボタンを押します。画面上部の赤い「読み込み中…」の通知が消えるまで待ってから、ページを更新してください。その後、統計は最新になります。

非アクティブだった月の間に残高に資金が残っている場合、残高を失うことはありませんが、翌月の1日にその残高を最低月額コミットメントに引き上げるために請求されます。

アカウントが停止されないようにするために、自動チャージオプションを使用することを強くお勧めします。アカウントの「請求」セクションでアクティブ化でき、サービスが中断されないようにします。自動リチャージは、利用可能な残高がアカウントの合計残高の85%を下回ると機能し始めます。設定される金額は完全にあなた次第であり、任意の額面にすることができます。

いいえ、すべての国で1GBあたり同じ料金が請求されます
PayPal、Payoneer、電信送金、またはクレジットカードを介して実行された支払いをサポートする自動請求システムがあります。
請求ページに移動し、「支払い方法の追加」ボタンをクリックして、支払い方法として「PayPal」を選択します。これで、[残高の追加]ボタンをクリックすると、PayPalに自動的にリダイレクトされます。
お支払いページに移動し、「お支払い方法の追加」をクリックして、お支払い方法としてクレジットカードを選択します。これで、「残高の追加」ボタンをクリックして、クレジットカードで支払いを行うことができます。
帯域幅は、ターゲットサイトとの間で送受信されるデータの合計(要求ヘッダー+要求データ(POST)+応答ヘッダー+応答データ)に従って計算されます。 試用期間中に使用されたトラフィックはダッシュボードに表示されますが、請求にはカウントされないことに注意してください。
はい。その月の1日に、請求書が届きます。請求書には、前月の使用状況の詳細が記載されています。使用量がアカウントの最小コミットメント(および該当する場合は、その月の間に追加された追加の資金)にどのように関連しているかを分析します。
当社のサービスを利用していない期間中は、レジデンシャルZoneをオフにすることができます。レジデンシャルサービスの請求は、サービスがアクティブだった月の相対的な部分にのみ適用されます。
Bright Dataアカウントで最大50のゾーンを無料で開くことができます。追加のゾーンごとに月額$ 1の費用がかかります。
次のいずれかの理由により、請求の問題によりアカウントがブロックされています。
  • お支払い方法と個人情報の不一致
  • ユーザーがクレジットカードの発行元とは異なる国からログインしている
  • 拒否された支払いを処理する試みが多すぎます
  • 3Dセキュアを使用したクレジットカード支払いの認証の失敗
アカウントがブロックされた場合は、問題の解決方法を説明するメールがすぐに届きます。専任のアカウントマネージャーまたはBrightDataのコンプライアンスチーム([email protected])に連絡してください。ブロックされたアカウントを復旧するには、次のものを提供する必要があります。
  • 非登録企業の場合:
    • 写真付き身分証明書、運転免許証、またはパスポート
    • 身分証明書をお持ちのあなたの写真
    • フラグが設定された支払い方法の写真
  • 登録企業の場合:
    • 会社登録フォーム
    • 問題としてフラグされた支払い方法の写真
ユーザーは2種類の支払いスケジュールから選択します。
  • 事前設定された金額での自動リチャージ:このオプションを選択すると、残高が少なくなったときに請求される設定金額を手動で設定します(設定金額の25%)。たとえば、$ 100を選択した場合、$ 100が請求され、残高が$ 25に達すると再び$ 100が請求されます。
  • 月額料金:自動再充電を使用しない場合、または自動再充電をオフにする場合は、毎月1日に新しい月の月額料金が請求されます。毎月の最低契約額のプランがなく、従量課金制のプランを使用している場合、アカウントは自動的に再請求されません。