Wikipedia スクレイパー

データコレクターツールを使用して、Wikipedia から一般に公開されているデータを取得します。

無料トライアル

Bright Data のデータコレクターを使用する、
または事前に収集された Wikipedia データセットを購入する

  • さまざまなトピックの解説を収集
  • Wikipedia の情報を他の情報源と比較
  • 膨大なデータセットに基づいて調査を実施
  • Wikipedia Commons 画像のスクレイピング

Wikipedia スクレイパー 概要

  • プラットフォームは、業界をリードするプロキシネットワークと統合
  • 独自のサイトアンブロック技術を活用
  • サイトの変更に対応:Wikipedia によるサイト構造の変更にデータコレクターが対応
  • 無限に拡張可能 – 必要なだけのデータを素早く完全に収集
  • 業界のベストプラクティスとプライバシー規制(GDPR、CCPA)に完全準拠
無料トライアル

Wikipedia スクレイパーでできること:

  • Wikipedia の膨大なデータを独自のビジネスデータベースとして使用します
  • 業種や業界に関連する質問への回答をウェブサイトで直接提供します
  • ビジネスに関連するデータで機械学習アルゴリズムを強化します
  • 特定の業種の企業または特定の業界の人々のリストデータをスクレイピングします
無料トライアル

データコレクターの仕組み

ステップ1

既製のコードテンプレートから選択するか、ゼロから始めます
Choose templates or start from scratch

ステップ2

Bright Data の既製のスクレイピング機能を使用して、スクレイパーを開発およびカスタマイズします
Develop and customize your scraper

ステップ3

データを取得するタイミング(リアルタイムまたはバッチ) を選択します
Choose when to get the data

STEP 4

ファイル形式とデータの送信先を選択します
Choose format and where to send the data

データ取得に関するご相談:

弊社データエキスパートに、取得されたい内容や具体的なご要望をお気軽にご相談ください

無料トライアル