Linked Sphere proxy

Sphereブラウザプロキシの統合

Linken Sphereブラウザとは何か

SphereブラウザはChromiumベースの検出防止機能で定評があり、プライバシーを強化しながら複数のオンラインIDの管理に不可欠なツールです。Sphereブラウザは検出可能なデータを変更または暗号化し、各セッションに使い捨ての仮想IDを提供します。このガイドではBright DataのプロキシとMac OS上のSphereブラウザとの統合について説明します。このプロセスは他のオペレーティングシステムでも同様ですが、シームレスなセットアップでオンラインの匿名性とセキュリティを強化できます。

SphereブラウザとBright Dataプロキシを統合する手順:

Add zone

Bright Dataにサインアップします:

サインアップ後にBrigt Dataダッシュボードで、[プロキシとスクレイピングインフラストラクチャ]セクションに移動し、プロキシで使用する新規の指定ゾーン追加します。

Select proxy type

プロキシタイプの選択:

この例では、ISPプロキシの設定方法を紹介します。

Select IP type

プロキシソリューションの命名:

希望のIPタイプ、 共有IP専用IP、または プレミアムIPを設定します。

Number of IPs

IPカウントの選択:

必要な数のIPを入力します。

select city and country for ip

国と都市の選択:

IPロケーションとして希望する国と都市を選択します。

choose domain

ドメインの選択:

特定のドメインか、1つのIPに対して[すべてのドメイン]を使用して、同じIPを使用するWebサイトをターゲットにします。

click add

ゾーンの追加:

[追加]ボタンをクリックしてゾーンを作成します。

access parameters

アクセスパラメーター:

ゾーンの名前をクリックし、[アクセスパラメーター]タブに移動して、プロキシ認証情報を書き留めます:

  1. ホスト
  2. ポート
  3. ユーザー名
  4. パスワード
download sphere browser

Sphereブラウザをダウンロードしてインストールします:

  1. Linken Sphereブラウザの公式ウェブサイトに移動します。
  2. お使いのオペレーティングシステムに合ったSphereブラウザのバージョンを選択してダウンロードします。
  3. ダウンロード後、インストーラーファイルを実行し、画面の指示に従ってSphereブラウザをインストールします。インストールが完了したらブラウザを起動します。
sphere login

Sphereブラウザアカウントのセットアップ:

Sphereブラウザ起動時、初めて使用する場合は、新しいアカウントにサインアップします。すでにアカウントをお持ちの場合はログインします。

sphere proxy manager

プロキシマネージャーへのアクセス:

Sphereブラウザを開き、[プロキシマネージャー]オプションを探します。クリックしてプロキシ設定エリアを開きます。

configure http proxy

「HTTP」プロキシの新規設定:

プロキシ設定で、ドロップダウンメニューを使用してプロキシタイプを「HTTP」に変更します。

Bright Dataプロキシの認証情報を入力:

  • Bright Dataのプロキシ認証情報を「ip:port@ログイン:パス」のフォーマットで入力します。たとえば、「brdsuperproxy.io:22225@brd-customer-hlxxxx:Password」のように入力します。
  • これらの認証情報は、Bright Dataダッシュボードの、選択したプロキシゾーンの[アクセスパラメータ]にあります。

プロキシ設定の検証:

  • 認証情報を入力したら、[プロキシの確認]機能を使用して正しく設定されていることを確認します。
  • 確認したら、プロキシ設定を保存してプロキシマネージャーを閉じます。
new session

新しいセッションの開始:

プロキシの利用を開始するには、[+ 新規セッション] をクリックします。

access proxy settings

プロキシ設定へのアクセス:

セッション設定セクションで、[プロキシを設定]ボタンをクリックして、希望のプロキシをセッションにリンクします。

apply configured session

設定したプロキシをセッションに適用:

セッション用に設定したプロキシを選択し、[設定] をクリックして適用されているか確認し、そのセッションが選択した Bright Dataプロキシを使用していることを確認します。

customized session

セッションのカスタマイズ:

好みに合わせてセッション設定を調整し、特定のブラウジングのニーズに合っていることを確認します。

Bright Dataプロキシでセッションを開始:

セッションを開始して実行します。セッションがアクティブになったら、そのセッションをダブルクリックしてBright Dataプロキシ設定を利用するSphereブラウザウィンドウを開きます。おめでとうございます!Bright DataプロキシとSphereブラウザの統合に成功し、オンラインセキュリティとプライバシーを簡単に強化できました。

Sphereブラウザのプロキシを取得

Proxy badges

受賞歴のあるプロキシネットワークを搭載

72百万以上の住宅用IPアドレス、クラス最高のテクノロジー とターゲットにする能力 国、都市、運送業者、ASN プレミアムプロキシサービスを開発者にとって最高の選択肢にします

あらゆるニーズに対応するプロキシタイプ

レジデンシャルプロキシ

  • 7,200万を超えるIP
  • 195カ国で利用可能
  • ローテーションに対応する最大級のリアルピアIPネットワーク
  • 洗練されたウェブサイトすべてにアクセスしてクローリング

データセンタープロキシ

  • 1,600万を超えるIP
  • 98カ国で利用可能
  • 共有および専用のIPプールを利用可能
  • 複雑でないウェブサイトへ迅速にアクセス

ISPプロキシ

  • 60万を超えるIP
  • 35カ国で利用可能
  • IPローテーションのない本物のスタティックレジデンシャルIP
  • 複数アカウントへのログインに最適

モバイルプロキシ

  • 700万を超えるIP
  • 195カ国で利用可能
  • 世界最大のリアルピア3G/4G IPネットワーク
  • モバイル広告の検証とモバイルサイトのクローリング

プロキシとデータ収集の分野における業界トップ

Category leader in proxies

毎日650TBの公共データが収集されている

Number of ISP proxies

毎日新機能をリリース

Serving 7/10 universities

世界有数の大学10校のうち7校にサービスを提供

Trust pilot ratings

4.6/5トラストパイロット評価

始める準備はできましたか?