Multilogin ProxyとBright Dataの統合

Multiloginプロキシ設定をセットアップし、Bright DataのプロキシIPに統合する方法について

Multiloginでは仮想ブラウジングプロフィールを作成することで、物理端末シミュレーションを使用して複数のオンラインアカウントを管理できます

  • Bright Dataダッシュボードに移動する
  • 「Zoneを追加」クリック
  • ネットワークタイプを選択する
  • 保存する」をクリック
  • 新しいブラウザのタイプ」をMultilogin内でクリック
  • プロキシの設定を編集する」クリックする
  • 接続タイプをクリック:Bright Dataを選択する
  • プロキシタイプ」でプロトコルを選択する
  • IPあるいはホスト: zproxy.lum-superproxy.io
  • Port: 22225
  • ユーザ名: Your Bright Data account ID and proxy Zone name
    • 例: lum-customer-CUSTOMER-zone-YOURZONE_STATIC
  • パスワード Your Zone password (Zone 設定にあります)
  • プロキシのチェックをクリックします

MultiloginとBright Dataプロキシマネージャを統合するには

  • ネットワーク、IPタイプ、使用するIPの数でZone を作成します
  • プロキシマネージャをダウンロードしてインストールします
  • 新しいプロキシの追加をクリックし、必要なZone と設定を選択します
  • 保存をクリックします
  • Multilogin内で新しいブラウザプロフィールをクリックします
  • プロキシ設定の編集をクリックします
  • 接続タイプでBright Dataを選択します
  • プロキシタイプで該当するプロトコルを選択します
  • IPまたはホスト:127.0.0.1 プロキシマネージャがローカル端末または リモートサーバーのIPにインストールされている場合、プロキシマネージャは次にインストールします1.1.1.1 or example.com
  • ポート:Bright Dataプロキシマネージャで作成したポート 24XXX
  • ユーザー名とパスワード欄は空白のままにします。Bright Dataプロキシマネージャではすでに認証されています
  • プロキシのチェックをクリックします

スーパープロキシの特長

Bright Dataスーパープロキシの使用を希望する場合、ブラウザプロフィールとIPロケーションデータ間の不一致を回避するため、セッションプレフィックスを使用する必要があります。これは、ランドプレフィックスを使用して以下の方法で行うことが推奨されます。

lum-customer-{your_customer_id}-zone-{your_zone}-session-rand39484

39484の値は例としてのみ使用されます。各ブラウザプロフィールでは異なるランドプレフィックス値を設定することが推奨されます。ランドプレフィックスにはランダムな値を設定できます。Multiloginでは、glob_ prefixは正しく作動しないためご注意ください。

Dataset Sample Request

コールを予約する