GitHubスクレイパー

ウェブスクレイパーIDEツールを使用して、GitHubで公開されているデータを取得します。

GitHubから必要なデータを瞬時にクローリングし、構築化されたデータをスプレッドシート(Microsoft Excel、CSV)、電子メール、HTML、JSONやAPIにエクスポートします。 データの送信先を決定し、Webhook、メール、S3、Google Cloud、Microsoft Azure、SFTP、API経由で送信します。

無料トライアル

Bright DataのWebスクレイピングツールを使う
または 取得済みデータセットを購入する

  • Githubのユーザープロフィールデータをスクレイピング
  • ワークフローをスクレイピングして、最新トレンドを常に把握
  • Githubのデータをスクレイピングして、公開リポジトリでの新しいデプロイメントを発見
  • GitHubのエンタープライズプロフィールと課金データを読み取ります

GitHubスクレイパー 概要

  • コーディング不要のデータスクレイピング – 使用は簡単
  • 業界をリードするプロキシネットワークを統合したオールインワンプラットフォーム
  • 独自のサイトアンブロック技術を活用
  • サイトの変更に対応:GitHubによるサイト構造の変更にウェブスクレイパーIDEが対応。
  • 無限に拡張可能 – 必要なだけのデータを素早く完全に収集
  • 業界のベストプラクティスとプライバシー規制(GDPR、CCPA)に完全に準拠
無料トライアル

GitHubスクレイパーでできること:

  • 開発者コミュニティからチームディスカッションを収集して読み取る
  • 公開ユーザー鍵データを収集
  • react、nodejs、javascript、CSS、python、reactjs、configなど、Githubリポジトリに関するデータを収集
  • GitHubパッケージを収集し、組織への統合とデプロイメントを実行
  • GitHubのデータを収集して商品価格を評価
  • コードレビューを収集・分析します
無料トライアル

データコレクターの仕組み

ステップ1

既製のコードテンプレートから選択するか、ゼロから始めます

ステップ2

Bright Data の既製のスクレイピング機能を使用して、スクレイパーを開発およびカスタマイズします

Develop and customize your scraper

ステップ3

データを取得するタイミング(リアルタイムまたはバッチ) を選択します

Choose when to get the data

STEP 4

ファイル形式とデータの送信先を選択します

Choose format and where to send the data

データ取得に関するご相談:

弊社データエキスパートに、取得されたい内容や具体的なご要望をお気軽にご相談ください

無料トライアル