Bright DataとのSeleniumプロキシの統合

Seleniumプロキシ設定をセットアップし、Bright DataのプロキシIPと統合する方法を学びます

Seleniumは、最も正確なWebサイトのテストなどのために、ブラウジング環境をシミュレートするために使用される高度なブラウザー自動化ソフトウェアです。

Bright DataスーパープロキシとSeleniumの統合

  • まず、Bright Data管理画面に移動し、[Zoneの作成]をクリックします。
  • [ネットワークタイプ]を選択し、[保存]をクリックします。
  • Selenium内で、HTTPとHTTPSの両方のexamplezproxy.lum-superproxy.io:22225の「setProxy」関数に「ProxyIP:Port」を入力します。
  • [sendKeys]の下に、Bright DataアカウントIDとプロキシZone名: lum-customer-CUSTOMER-zone-YOURZONEとZone設定にあるZoneパスワードを入力します。
  • 例:
const {Builder, By, Key, until} = require('selenium-webdriver');
const proxy = require('selenium-webdriver/proxy');

(async function example(){
  let driver = await new Builder().forBrowser('firefox').setProxy(proxy.manual({
    http: 'zproxy.lum-superproxy.io:22225',
    https: 'zproxy.lum-superproxy.io:22225'
  })).build()

  try {
    await driver.get('http://lumtest.com/myip.json');
    driver.switchTo().alert()
      .sendKeys('lum-customer-USERNAME-zone-YOURZONE'+Key.TAB+'PASSWORD');
    driver.switchTo().alert().accept();
  } finally {
      await driver.quit();
  }
})();

プロキシマネージャーとSeleniumの統合

  • 使用するネットワーク、IPタイプ、およびIPの数を使用してZoneを作成します。
  • Bright Dataのプロキシマネージャーをインストールします。
  • [新しいプロキシを追加]をクリックして、必要なZoneと設定を選択し、[保存]をクリックします。
  • setProxyの下のSeleniumで、ローカルIPとプロキシマネージャーポート(例:127.0.0.1:24000)を入力します
    • ローカルホストIPは127.0.0.1です
    • プロキシマネージャーで作成されるポートは24XXX、たとえば24000です。
  • Bright Dataプロキシマネージャーはすでにスーパープロキシで認証されているため、ユーザー名とパスワードのフィールドは空のままにします。
  • 例:
const {Builder, By, Key, until} = require('selenium-webdriver');
const proxy = require('selenium-webdriver/proxy');

(async function example(){
    let driver = await new Builder().forBrowser('firefox').setProxy(proxy.manual({
        http: '127.0.0.1:24000',
        https: '127.0.0.1:24000'
    })).build()

    try {
        await driver.get('http://lumtest.com/myip.json');
        driver.switchTo().alert().accept();
    } finally {
        await driver.quit();
    }
})();

コールを予約する