SSLプロキシとは、その利用方法。

SSLプロキシを活用することで、暗号化と匿名性が強化され、潜在的なリスクをさらに発見しやすくなります。この掲載では、安全性の高い金融データの移行、サイバーセキュリティの予防ストラテジー、ブロックチェーンテクノロジーによる保護を強化するSSLベースのユースケースを詳しく解説します。
1 min read
Amit Elia
Amit Elia
Control Panel Product Manager
What is an SSL proxy and how does it work?

この記事では、以下の事項を詳述します。

SSLプロキシとは?

SSL(Secure Sockets Layer)は、インターネット上の暗号化サービスを提供することを目的としたアプリケーションレベルのプロトコルです。SSLプロキシは、Brinksのトラックが現金輸送を行うように、データに対して機能します。その主な目的は、クライアントからサーバーへのデータの安全な配信を保証することです。これは、「証明書」と「公開鍵および秘密鍵の交換ペア」を活用することで、データの暗号化/復号化を効率的に行うものです。

SSLプロキシの仕組み

あらゆるインターネット接続のシナリオには、次の2つの主役が存在します。「クライアント」、「サーバー」

SSLプロキシは一種の仲介役として、SRXシリーズのデバイス(企業のデジタル資産を保護する次世代ファイアウォール)と連携し、受信トラフィックにセキュリティポリシーを適用します。トラフィックがSRXのセキュリティポリシーに一致すると、当該ポリシーのコンテキスト内でSSLプロキシが「アプリケーションサービス」として起動されます。

これにより、SRXシリーズのデバイスと共にSSLプロキシが実行する一連のアクションが設定されます。

  • 外部側送信データ は暗号化され、暗号文としてターゲットのSSLサーバーに送信されます。
  • 受信したトラフィックを復号化し、表面下に悪意のある「攻撃」が潜んでいないか徹底的に検査します。クライアント側のSSL接続は終了し、ターゲットサーバーへのクライアント側接続が確立されます。

SSLプロキシのタイプ

SSLプロキシの原型は主に次の2種類があります。

  1. 1つ目のタイプは、クライアント側の保護を目的としており、「フォワードSSLプロキシ」とも呼ばれます。このSSLプロキシは、「フォワードプロキシ」のように、外部サーバーと内部クライアントの間にバッファとして置かれるため、このように呼ばれます。したがって、その主な機能は、外部のウェブサイトに向けられた送信トラフィックを解読/検査することであると考えられます。
  1. 2つ目のタイプは、より「リバースプロキシ」としての性質が強く、つまり、ワールドワイドウェブから内部/ローカライズされたサーバーに移動するデータからのインバウンドトラフィックのバッファとして機能するためです。このSSLプロキシは、有害なデータパッケージをフィルタリングする外皮のような役割を果たすと考えられます。

SSLプロキシの利点は?

ここでは、SSLプロキシを利用する主な4つの利点を紹介します。

#1: 究極の暗号化

SSL証明書はエンドツーエンドで暗号化されているため、正しい「キー」を所有していない相手には情報が読み取れないため、目的地までの「データ漏洩」「データ傍受」は意味をなしません。

#2: 匿名性の追加

SSLプロキシはデータ転送や暗号化/復号化の過程で追加のステップとなるため、「クライアント」と「サーバー」の距離をさらに縮め、またその逆もしかりです。この構造自体が、この構造自体が、SSLプロキシをHTTPやHTTPSプロトコルよりも匿名性の面で一歩リードしているのです。これらの機能は、匿名プロキシが実現するものと同様です。

#3: 制御の向上

他のプロトコルとは異なり、SSLプロキシは、カスタマイズされたセキュリティ制御をより高いレベルで実現します。特定のセキュリティポリシーは、SRXシリーズデバイスのレベルで定義し、SSLプロキシレベルで強制できます。

#4: 可視性の向上

埋め込みトラフィックがサーバー側の領域に「着陸」すると、悪意のある攻撃が含まれている可能性があり、それを爆発させることができます。ゲームオーバーです。SSLプロキシは、潜在的な「爆弾」を特定し、より「デリケートな領域」に入る前に爆発させることができる一種の「砂場」として機能します。

SSLプロキシはどのような用途に使用できますか?例およびユースケース

SSLは様々な用途が考えられるため、多くの企業がプロキシを購入することを選択します。ここでは、SSL技術で実現できる代表的なユースケースをご紹介します

1: 財務データ転送

ヘッジファンド、ベンチャーキャピタル、投資ファンドなどは、情報的優位性を獲得するために、独自のデータポイントを生成し、収集しています。これは、企業内部の行動と、特定のセキュリティに関するソーシャルセンチメントデータなど、複数のデータセットを組み合わせた相関的な洞察かもしれません。A社がこれらのデータセットを協力関係にあるB社に転送しようとするとき、この情報を競合する派閥に傍受されないようにしたいのです。そうすると、情報的な優位性が損なわれ、先手を打ったスタートポジションが損なわれ、結果的に、企業の収益にマイナスの影響を与えることになります。エンドツーエンドのSSLプロキシ暗号化は、このような状況において、金融機関に巨大な価値を提供できます。

2:予防的なサイバーセキュリティ

次の「破滅的な出来事」に備えてデジタル防御を準備しようとするレッドチームは、SSLプロキシを利用してシステムを物理的に保護するだけでなく、そのツールとしても活用できます。

  • SSLプロキシの高度な機能を利用して、現実に起こりうるサイバー脅威/攻撃をエミュレートし、システム/アルゴリズムの準備の推進に役立てましょう。
  • ミッションクリティカルな資産をSSL-SRXシリーズデバイスの防護壁の背後に確保することで、ネットワークセグメンを向上させます。

3:ブロックチェーンアイランド

ブロックチェーン技術は、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)の基盤として、また、デジタル化されたアイテムの所有権を登録するためのエコシステムを構築するなど、さまざまな応用が可能です。基礎となる技術は複雑ですが、ブロックチェーンに基づく新しいメディアは、SSLプロキシを経由する外部のウェブとの通信に適しているかもしれません。これによって、次に対する、より一層の保護が可能になります。

  • 偽造目的でソースコードなどの資産を深く掘り下げようとする事業者。
  • 積極的な競争、あるいは内部破壊。

キーポイント

SSLプロキシは、高価値のデジタル資産と外部ウェブの間にさらなる保護層を求める企業にとって、明確な価値を提供します。SSLプロキシの威力を発揮させたい企業にとって、Bright Dataのレジデンシャルネットワーワークは、同レベルの運用セキュリティとプライバシーを提供します。

あなたは下記にもご興味がおありかもしれません

What is a data parser featured image
ウェブデータ

データ解析とは?定義、利点、および課題

この記事では、データ解析について知っておくべきことをすべて説明します。データ解析とは何か、なぜそれが重要なのか、どのようにアプローチするのが最善かを解説します。
1 min read
What is a web crawler featured image
ウェブデータ

ウェブクローラーとは?

ウェブクローラーは、インターネットのインフラとして重要な部分を担っています。この記事では、以下の事項を説明します。 ウェブクローラーの定義 ウェブクローラーとは、インターネットをスキャンして、見つけたデータをダウンロードするソフトウェアロボットです。大半のウェブクローラーは、Google、Bing、Baidu、DuckDuckGoなどの検索エンジンによって運用されています。検索エンジンは、収集したデータに検索アルゴリズムを適用して、検索エンジンインデックスを作成します。このインデックスにより、検索エンジンはユーザーの検索クエリに基づいて、関連するリンクを提供できます。 過去の特定の時点のウェブサイトのスナップショットを提供するWay Back Machineのように、検索エンジンとは別の目的で使用されるウェブクローラーもあります。   ウェブクローラーの仕組み GoogleのGooglebotのようなウェブクローラーは、毎日、クローリングしたいウェブサイトのリストを作成して作業を開始します。これはクロールバジェットと呼ばれます。バジェットには、ページのインデックス作成に対する需要が反映されます。クロールバジェットに影響する2つの主な要因は、人気と陳腐化です。インターネット上で人気のあるURLは、インデックス内で最新の状態を保つために、より頻繁にクローリングされる傾向があります。また、ウェブクローラーはURLのインデックスが陳腐化するのを防ごうとします。 ウェブクローラーがサイトに接続すると、まずrobots.txtファイルをダウンロードして読み込みます。robots.txtファイルは、ロボットがウェブをクローリングし、コンテンツにアクセスしてインデックスを作成し、そのコンテンツをユーザーに提供する方法を規制するウェブ標準群であるロボット排除プロトコル(REP)の一部です。ウェブサイトの所有者は、サイト上でアクセスできるユーザーエージェントとアクセスできないユーザーエージェントを定義できます。また、robots.txtには、クローラーがウェブサイトに対して行うリクエストのペースを抑制するためのcrawl-delayディレクティブを定義することもできます。また、robots.txtには、サイトに関連するサイトマップも記載されているため、クローラーはすべてのページとその最終更新日時も確認できます。前回のクローラー訪問以降に変更がないページは、今回スキップされます。   ウェブクローラーは、クローリング対象のページに最終的に到達すると、そのページをブラウザーでレンダリングし、すべてのHTML、サードパーティーのコード、JavaScript、CSSを読み込みます。この情報は検索エンジンのデータベースに保存され、後でページのインデックス作成とランク付けに使用されます。また、ページ上のすべてのリンクもダウンロードします。検索エンジンのインデックスにまだ登録されていないリンクは、後でクロールするためのリストに追加されます。 robots.txtファイルに記載されているディレクティブへの準拠は任意です。ほとんどの主要な検索エンジンはrobots.txtディレクティブに従っていますが、そうでないものもあります。スパマーやボットネットなどの悪質業者は、robots.txtディレクティブを無視します。Internet Archiveのような合法的なウェブクローラーでさえ、robots.txtを無視しています。 ウェブクローラーの例 検索エンジンには複数の種類のウェブクローラーがあります。たとえば、Googleには17種類のボットがあります。 SEO対策にウェブクローラーが重要な理由 SEOの目標は、ユーザーが関連する検索語を検索したときに、自社のコンテンツが簡単に見つかるようにすることです。Googleは、コンテンツがクローリングおよびインデックス化されていない場合、コンテンツをどこにランク付けしたらよいかを知ることができません。 ウェブクローラーは、他の分野でも役立つことがあります。Eコマースサイトでは、競合他社のサイトをクローリングして、製品の品揃えや価格を分析することがよくあります。通常、この種のデータ収集は「ウェブクローリングではなくウェブスクレイピング」として知られています。ウェブスクレイピングは、特定のHTMLデータ要素に焦点を当てます。ウェブスクレイパーは非常に集中的であるのに対し、ウェブクローラーは広く網を張ってあらゆるコンテンツを収集します。ユーザーの側には、SERPデータのクローリングやスクレイピングを支援するSERP APIツールもあります。   ウェブクローラーが直面する課題 ウェブクローラーが直面する課題はいくつもあります。 課題 説明 robots.txtの制限 ウェブクローラがrobots.txtの制限に従う場合、特定のウェブページにアクセスできなかったり、任意の制限を超えるリクエストを送信できなかったりすることがあります。 IPの禁止 ウェブクローラーの中には、robots.txtの制限に従わないものもあるため、それらが他のさまざまなツールを実装してウェブクローリングを制限することがあります。ウェブサイトは、詐欺師が使用する無料データプロキシや特定のデータセンターのIPアドレスなど、悪意があることがわかっているIPアドレスを禁止することができます。 ジオロケーションの制限 一部のウェブサイトでは、ウェブサイトコンテンツにアクセスするために、特定の地域に居住していることを条件としています。たとえば、米国以外の地域からNetflix USAのコンテンツにアクセスしようとする場合です。地理的な制限の大半は、レジデンシャルプロキシネットワークを使用することで克服できます。   CAPTCHA 一部のウェブサイトでは、不審なソースからの大量のアクティビティを検出すると、リクエストの背後にいるのが本物の人間かどうかを確認するためにCAPTCHAを表示します。CAPTCHAはウェブクローラーの活動を阻害する可能性があります。多くのウェブスクレイピングソリューションは、この種のブロックを克服するためのツールや技術を備えています。これらのブロック解除ツールは、多くの場合、CAPTCHA解決ソリューションを利用します。   まとめ ウェブクローラーは、インターネットのインフラとして重要な部分を担っています。これにより、検索エンジンは検索インデックスを作成するために必要なデータを収集し、ユーザーのクエリに対して検索結果を提供できます。多くの企業は、調査を支援する役割としてのウェブクローラーに注目しています。実際には、多くの場合、Amazon、Adidas、Airbnbのリスティングのように、1つか2つのサイトに集中しています。このようなユースケースでは、Bright DataのウェブスクレイパーIDEのようなツールが、よりニーズに適しています。  
1 min read
Python web scraping guide
各種ご利用方法

Pythonによるウェブスクレイピング – ステップバイステップガイド

Pythonを使ったウェブスクレイピングを学ぶことで、複数のウェブサイトから素早くデータを収集し、時間と労力の両方を節約できます。
6 min read

More from Bright Data

Datasets Icon
Get immediately structured data
Easily access structured public web data for any use case. The datasets can be downloaded or delivered in a variety of formats. Get updated or new records from your preferred dataset based on a pre-defined schedule.
Web scraper IDE Icon
Build the scraper
Build scrapers in a cloud environment with code templates and functions that speed up the development. The solution is based on Bright Data’s Web Unlocker and proxy infrastructure making it easy to scale and never get blocked.
Web Unlocker Icon
Implement an automated unlocking solution
Boost the unblocking process with fingerprint management, CAPTCHA-solving, and IP rotation. Any scraper, written in any language, can integrate it via a regular proxy interface.

Ready to get started?