UDPプロキシとは何か

UDPプロキシ、その仕組み、用途、UDPプロキシと HTTPプロキシの違いを説明します。
1 min read
UDP proxy

このチュートリアルでは以下を説明します。

さっそく始めましょう!

UDPプロキシとは何か

UDPプロキシは、クライアントとサーバー間のUDP (User Datagram Protocol)トラフィックの仲介役として機能するゲートウェイです。よく知らない方のために説明すると、UDPはオーバーヘッドが少なく、データ転送が高速な、軽量でコネクションレスのトランスポート層プロトコルです。TCPと同様、OSIモデルの第4層で動作しますが、エラーチェックや信頼性確保の仕組みは備えていません。

一般的に、UDPはマルチメディア・ストリーミング、オンラインゲーム、VoIP (Voice over IP)などのリアルタイムアプリケーションに使用されます。このようなアプリケーションでは、エラー回復や信頼性の高い配信よりも、低遅延で高速なデータ転送が優先されます。これらは UDPプロキシの使用シナリオとも一致します。

UDPプロキシサーバーの仕組み

UDPプロキシサーバーは、UDPパケットをインターセプトして転送することで機能します。この動作を順を追って説明します:

  1. クライアントがUDPパケットを宛先サーバーに送信すると、プロキシサーバーはそれをインターセプトします。
  2. プロキシはUDPパケットを宛先サーバーに転送します。
  3. サーバーがUDP応答パケットを送信すると、プロキシサーバーはそれを再度インターセプトし、元のクライアントに転送します。

プロキシが仲介役として動作するため、宛先サーバーはクライアントによって生成されたトラフィックをUDPプロキシサーバーのIPから送信されたものと見なします。プロキシサーバーを介してトラフィックをルーティングする場合と同様に、この仕組みはクライアントの身元をサーバーから隠します。

UDPは、HTTPやSOCKSなど、プロキシが通常動作するプロトコルより下位のプロトコルであることに注意してください。この特徴により、UDPプロキシはFTP、DNS、SMTPなどのより上位のプロトコルと連携できます。

設定によっては、これらのプロキシは転送前にパケットを変更する場合もあります。クライアントの身元を保護することに加えて、UDPプロキシサーバーには多くの場合、負荷分散やプロトコル変換などの追加機能が組み込まれています。

UDPプロキシの利点と使用事例

プロキシUDPサーバーを使う主な利点は以下の通りです。

  • セキュリティと匿名性: クライアントの身元を隠すため、ターゲットサーバーによるユーザーの追跡は困難です。
  • トラフィックやプロトコルの制限なし: ローレベルのプロキシとして、セッション、プレゼンテーション、アプリケーショントラフィックを処理できます。つまり、複数のインターネットプロトコルで動作できます。
  • 優れたパフォーマンス: UDPはパケットチェックを実行せず、TCPのようにハンドシェイクを必要としません。これらの機能により、プロキシはパケットを効率的に転送し、総合的なパフォーマンスに優れています。

このような特徴から、UDPプロキシサーバーは以下の使用事例で人気があります。

  • リアルタイム通信: UDPはVoIPアプリケーションのライブ通信によく使われます。UDPプロキシはユーザー間の音声データのフロー管理に役立ちます。
  • IoT(モノのインターネット)通信: IoTデバイスは通常、最適なパフォーマンスを得るためにUDP経由で通信するため、そのレベルで動作するプロキシはパケット処理を最適化できます。
  • ファイアウォールのバイパス: ファイアウォールまたはNATデバイスが2つのエンドポイント間の直接通信を妨げている場合、UDPプロキシがパケットを中継することで通信できます。
  • ゲーム: オンラインゲームは通常、低遅延が必要であり、UDPに依存しています。トラフィックをプロキシ経由でルーティングすると、トラフィックの効率化、遅延の軽減、全体的なゲーム体験の向上に役立ちます。
  • マルチキャストアプリケーション: UDPレベルで動作するプロキシを使ってマルチキャストトラフィックを管理できるため、複数の受信者に効率的にデータを配信できます。

上記のシナリオは非常に特定的であり、HTTPプロキシの使用事例ほど汎用的ではありません。次のセクションでこれら2つのテクノロジーを比べて、あなたのニーズに適したものを見つけてください。

UDPプロキシと HTTPプロキシ

プロキシタイプには多数ありますが、最も一般的なのはUDPプロキシとHTTPプロキシです。この2つは目的が異なります。ここでは機能、セキュリティ、パフォーマンスの違いについて詳しく説明します。

これら2種類のプロキシサーバーを比較してみましょう。

機能

前述のように、UDPプロキシはユーザー・データグラム・プロトコルのトラフィックを処理するように設計されています。コネクションレス型プロトコルであるUDPは、軽量で高速な通信手段を提供します。そのため、これらのプロキシはVoIP、オンラインゲーム、ストリーミングなどのリアルタイムアプリケーションに適しています。特に低遅延が重要なアプリケーションの処理に適しています。問題は、サポートしていないツールがあることです。

一方、HTTPプロキシはハイパーテキスト転送プロトコルのトラフィックに重点を置いています。これらは、ブラウジング、ファイルダウンロード、WebスクレイピングなどのWeb関連アクティビティ向けにカスタマイズされています。OSIモデルのアプリケーション層で動作し、Webトラフィックの検査と変更が可能です。たとえば、HTTPヘッダーの読み取りと変更が可能で、これにより匿名性を高めることができます。HTTPプロキシは非常に一般的であり、ほとんどのHTTPクライアントや他の多くのツールがネイティブでサポートしています。

セキュリティ

UDPプロキシは、クライアントの身元を隠すことでセキュリティに貢献します。これにより匿名性が高まり、特定のアンチボット・ソリューションやサイバー攻撃に対する保護を提供します。ただし、UDP自体にはセキュリティ機能が組み込まれていないため、機密データの送信には暗号化などの追加手段が必要になる場合があります。

HTTPプロキシには、ユーザーの身元を隠すだけでなく、高度なセキュリティ機能が含まれていることがよくあります。事前定義されたルールに基づいてWebコンテンツをフィルタリングし、悪意のあるWebサイトをブロックし、安全なアクセス制御を提供できます。さらに、HTTPプロキシはHTTPSをサポートしている場合があり、転送中のデータをさらに暗号化できます。

パフォーマンス

パフォーマンスに関しては、迅速なデータ送信が重要なシナリオでは、UDPプロキシが優れています。UDPはコネクションレス型であるため、オーバーヘッドが最小限でハンドシェイクもないため、迅速なパケット送信が可能です。

一方で、HTTPプロキシはWeb関連アクティビティに堅牢なパフォーマンスを提供することに重点を置いています。頻繁にアクセスされるコンテンツをキャッシュして、後続のリクエストの読み込み時間を短縮できます。ただし、Webトラフィックの検査と変更に追加処理が必要であり、多少のオーバーヘッドが発生する可能性があります。

UDPプロキシを選ぶべきでしょうか

その質問に答える前に、下にまとめた表を見てください。さらにSOCKSプロキシも追加してみましょう:

UDPプロキシ SOCKSプロキシ HTTPプロキシ
機能 UDPトラフィックをリアルタイムアプリケーションで処理します。さまざまなプロトコルをサポートしています。統合できないツールがあります 多くのプロトコルをサポートしています。 さまざまなタイプのアプリケーションをサポートします。統合できないツールがあります Web関連アクティビティ用にカスタマイズされています。リクエストAxiosなどの一般的なHTTPクライアントを含め、多くのツールがサポートしています
セキュリティ 匿名性を備えているが、セキュリティのための追加措置が必要 匿名性を備えているが、提供するセキュリティ機能は限定的 匿名性を備えており、高度なセキュリティ機能を提供可能
パフォーマンス 低遅延で迅速なパケット配信に最適 全体的に良好なパフォーマンス Webアクティビティには効率的だが、ある程度のオーバーヘッドが発生

ご覧のとおり、UDP、SOCKS、HTTPプロキシのいずれを選択するかは、要件と目的に応じて異なります。一般のユーザーが求めるのは、Webトラフィックをルーティング、保護、匿名化するプロキシサーバーです。それにはHTTPプロキシが最適です。HTTPプロキシが最も広く使用されているプロキシのカテゴリであるのも不思議ではありません。

HTTPプロキシはほとんどのシナリオで最適のソリューションですが、低遅延と多様なプロトコル使用が不可欠な場合にはUDPプロキシの方が優れています。また、SOCKSプロキシも多用途でさまざまなプロトコルで使えます。つまり、HTTPプロキシとSOCKSプロキシの両方を提供している、信頼できるプロキシプロバイダーを選ぶべきだということです。

まとめ

このガイドでは、UDPプロキシサーバーの概要と仕組みについて説明しました。詳しくは、UDPを介してトランスポート層で動作するリレーとして機能することを説明しました。従来のHTTPプロキシの代わりにUDPプロキシを選択するのが妥当であるかなど、UDPプロキシについて知る必要のあるすべてを説明しました。

評判の良いプロキシプロバイダーをお探しですか?さまざまなサービスを試して時間を無駄にせず、すぐに市場で最も優れたBright Dataをご利用ください。

Bright Dataは、世界で最も信頼性の高いプロキシサーバーを管理しており、フォーチュン500企業と20,000を超える顧客にサービスを提供しています。その幅広いHTTP/SおよびSOCKSプロキシネットワークは、以下のような幅広いプロキシタイプをカバーしています:

信頼性が高く、高速でグローバルなプロキシネットワークは、円滑にWebサイトを巡回してデータを取得する多くのサービスの中心でもあります。

あなたは下記にもご興味がおありかもしれません

Anonymous Proxy_
プロキシ全般

匿名プロキシ: 定義とその仕組み

このガイドでは、次の内容を説明します。 では、さっそく始めましょう! 匿名プロキシとは何か? 匿名プロキシはアノニマイザーとも呼ばれ、インターネット上のアクティビティを追跡できないようにすることを目的としたプロキシサーバーの一種です。もっと詳しく言うと、ユーザーの身元、位置、プライバシーを隠すことがこのプロキシの目的です。 匿名プロキシサーバー経由でWebを閲覧しているユーザーは、デスティネーションサーバーで一般的な匿名ユーザーとして表示されます。具体的には、Webサーバーはリクエストを送信したユーザー本人を特定する情報を追跡できなくなります。 あらゆるタイプのプロキシが匿名プロキシとして機能できる点に注意してください。プロキシサーバーは、プロキシのタイプではなく、ユーザーとターゲットWebサイト間の動作方法に基づいて「匿名」と見なされます。 匿名プロキシサーバーの仕組み 匿名プロキシサーバーの機能は他のプロキシサーバーと同様で、ユーザーのデバイスとターゲットサイト間の仲介役として働きます。プロキシを使用した際の詳細は次のようになります。 要するに、デスティネーションは受信リクエストをソースクライアントから送信されたものとは認識しません。その代わりに、プロキシサーバーから送信されたリクエストとして認識します。ターゲットサーバーがプロキシのIPから発信されたリクエストとして認識するため、このプロセスでクライアントのIPが本質的に隠されることになります。IPはユーザーの位置特定に使用されるため、このプロセスでユーザーの位置情報を保護することにもなります。 匿名プロキシが他のプロキシと一線を画すのは、プライバシーに重点を置いている点です。ターゲットサーバーにリクエストを転送する際に、ユーザーのリクエストから識別情報を取り除くことで匿名性がさらに強化されます。隠す方法と隠すデータの種類によって、3つのカテゴリーに分類できます。以下のセクションで詳しく説明します。 プロキシ匿名性のレベル 匿名プロキシサーバーは、提供する匿名性のレベルによって、次の3つのグループに分類できます。 エリートプロキシ エリートプロキシは、ユーザー本人を特定する情報を完全に隠すことで、最高レベルの匿名性を提供します。ユーザーのIPを隠し、それ以外のユーザー固有の情報も一切送信しません。ユーザーの完全な匿名性を保つため、エリートプロキシはデスティネーションへのリクエストから次のヘッダーを削除する傾向があります。 匿名プロキシ 匿名プロキシは、ユーザーのIPアドレスを隠すことでプライバシーを向上します。高レベルの匿名性を提供しますが、それでもデスティネーションサーバーに一部の情報が漏洩する可能性があります。例をあげると、匿名プロキシではリクエストにいくつかのヘッダーを残すことが可能です。また、デスティネーションサーバーがリクエストをプロキシから発信されたものと識別し、リクエストに応じてブロックできるプロキシ固有のヘッダーを追加できます。 透過型プロキシ 透過型プロキシは匿名プロキシとは言い難いものです。透過型プロキシのX-Forwarded-ForヘッダーにはユーザーのIPが含まれ、経由ヘッダーにはプロキシのIPが格納されます。これはサーバーがリクエストを転送するために使用する仲介役としては機能しますが、通常エンドユーザーが使用することはありません。透過型プロキシがクライアントのオンラインIDとアクティビティを露出することがその理由です。 匿名プロキシ: ユースケース 匿名プロキシサーバーは、個人およびビジネス両方のアクティビティに関する無数のユースケースを提供します。個人ユーザーにとって、一番のメリットは安全なブラウジングです。匿名性は、ターゲティング広告、地理的な制限、潜在的な検閲からユーザーを保護し、より安全で自由なオンライン体験を促進します。 ビジネスおよび開発者向けの用途では、匿名プロキシが次の分野で重要な役割を果たします。 これらはほんの一例ですが、可能性は無限であることを忘れないでください! 匿名プロキシを使用すべき理由 オンラインアクター(サーバー、サービス、ソーシャルメディアなど)から身元(IPアドレスなど)を隠す重要性を示す説得力のある理由が多数あります。以下はその一部です。  オンラインプライバシーはかけがえのない資産です。どんな犠牲を払ってでも守る必要があります。それを実現するのが匿名プロキシです。特にWebスクレイピングの際に匿名プロキシは必須で、これによって慎重かつ効率的なデータ抽出が可能になります。 ただし、プロキシが常にプライバシーを確保すると思い込むのは危険です。無料の匿名プロキシサービスの多くは信頼性に欠けます。ユーザーに課金せずに世界規模のサーバーアーキテクチャをどうやって維持できると思いますか?彼らは無料を維持するために、ユーザーのデータを販売したり、ハッカーや政府機関が作ったマルウェアとなったりします。こういった事例はいくつかの研究でも証明されています。さらに、無料の匿名プロキシソリューションは通常HTTPSをサポートせず、SOCKSなどの高度なプロトコルもサポートしていません。詳細は SOCKSとHTTP比較ガイドをご覧ください。 このような理由から、無料のプロバイダーは利用せず、Bright Dataのような強力で信頼性の高い有料ソリューションを選択しましょう。 「匿名プロキシが検出されました。ここをクリックしてください」エラーへの対処方法 プロキシを使用すると、次のような「匿名プロキシが検出されました。ここをクリックしてください」というエラーページが表示される場合があります。   これは、プロキシ経由での接続をターゲットサーバーが検出したことを意味します。このエラーが発生する場合、次にような原因が考えられます。  通常、信頼性を欠くIPを提供する低品質または無料の匿名プロキシサーバーを使用することが主な原因です。「匿名プロキシが検出されました」エラーを修正するには、次の方法を実行してみてください。 これらの回避策がどれもうまくいかない場合は、使用中のプロキシプロバイダーよりも 優れたプロキシプロバイダーが必要になります。 プロキシを使用した際に表示されるエラーは、「匿名プロキシが検出されました。ここをクリックしてください」だけではないことに注意してください。これ以外にも発生する可能性のあるエラーは多数あります。プロキシエラーコードのガイド内で説明しているように、エラーの多くは迅速かつ簡単に解決できます。 まとめ この記事では、匿名プロキシとは何か、その仕組み、匿名プロキシが提供するプライバシーレベル、匿名プロキシを使用すべき理由について説明しました。詳細部分では、信頼できるプロキシサービスプロバイダーを使用すると、「匿名プロキシが検出されました。ここをクリックしてください」というエラーを回避できることも指摘しました。ただし、ここで問題となるのが、世の中にはプロキシプロバイダーが多数あること、すべてのプロバイダーをチェックするのに数か月かかることです。そんな時間とコストを節約するのが、市場で最高水準のBright Dataです! Bright Dataは世界最高のプロキシサーバーを管理しており、フォーチュン500企業と2万以上の顧客にサービスを提供しています。次にように、さまざまなタイプのプロキシを提供しています。 信頼性が高く、高速でグローバルなプロキシネットワークは、いかなるサイトからのデータ取得も容易に実行する、多数のWebスクレイピングサービスの基礎でもあります。
1 min read
ISP proxies Vs. Residential Proxies Understanding the difference once and for all
プロキシ全般

ISP プロキシと住宅用プロキシ: 主な違い

この完全ガイドは、同時要求の増加に対応するにはどのプロキシネットワークがより適しているか、ネットワークコストにはどのような違いがあるか、ネットワークタイプごとにどのような固有のメリットがあるかといった疑問に、具体的にお答えします。
1 min read