PuppeteerプロキシとBright Dataの統合

Puppeteerプロキシ設定をセットアップし、Bright DataのプロキシIPに統合する方法について

Puppeteerは、ヘッドレスおよび非ヘッドレスChromeおよびChromiumを高度なAPIで管理するために作成されたノードライブラリです。

Bright DataのスーパープロキシとPuppeteerの統合

  • まず、Bright Dataのダッシュボード Bright Dataのダッシュボード にアクセスし、「Zone の作成」をクリックします。
  • 「ネットワークタイプ」を選択し、保存をクリックします。
  • Puppeteerの「プロキシサーバー」値の「プロキシIP:ポート」に入力します。たとえばzproxy.lum-superproxy.io:22225.
  • 「ページ認証情報」にお客様のBright DataアカウントIDを入力し、「ユーザー名」値にはプロキシZone 名を入力します。たとえば:lum-customer-CUSTOMER-zone-YOURZONE Zone 設定にあるZone のパスワードを入力します。
  • 例:
const puppeteer = require('puppeteer');

(async () => {
  const browser = await puppeteer.launch({
    headless: false,
    args: ['--proxy-server=zproxy.lum-superproxy.io:22225']
  });
  const page = await browser.newPage();
    await page.authenticate({
        username: 'lum-customer-USERNAME-zone-YOURZONE',
        password: 'PASSWORD'
    });
    await page.goto('http://lumtest.com/myip.json');
    await page.screenshot({path: 'example.png'});
    await browser.close();
})();

プロキシマネージャとPuppeteerの統合

  • ネットワーク、IPタイプ、使用するIPの数でZone を作成します。
  • プロキシマネージャをインストールします。
  • 「新しいプロキシの追加」をクリックして必要なZone と設定を選択し、「保存」をクリックします。
  • Puppeteerで「プロキシサーバー」にお客様のローカルIPとプロキシマネージャポートを入力します(たとえば、127.0.0.1:24000)
    • ローカルホストIPは127.0.0.1です
    • プロキシマネージャ内で作成されるポートは、24XXXです(たとえば、24000)
  • ユーザー名とパスワード値は空白のままにします。Bright Dataプロキシマネージャではスーパープロキシですでに認証されています。
  • 例:
const puppeteer = require('puppeteer');

(async () => {
    const browser = await puppeteer.launch({
        headless: false,
        args: ['--proxy-server=127.0.0.1:24000']
    });
    const page = await browser.newPage();
    await page.authenticate();
    await page.goto('http://lumtest.com/myip.json');
    await page.screenshot({path: 'example.png'});
    await browser.close();
})();

Dataset Sample Request

コールを予約する