ProxifierプロキシとBright Dataの統合

Proxifier設定をセットアップし、Bright DataのプロキシIPに統合する方法について

Proxifierは、プロキシサーバーでの機能をサポートしていないネットワークアプリケーションがSOCKSまたはHTTPSプロキシおよびチェーンを介して機能できるようにする高度なプロキシクライアントです。

Proxifierのセットアップ

  • Proxifierをダウンロードしてインストールします
  • Proxifierを開始します

事前定義された設定の当社プロフィールをダウンロードして使用するか、または以下の手順ですべての設定を手動で作成することもできます。

  • プロフィール → 名前解決の順に進みます
  • Proxifier DNS設定で自動のDNS設定の検出のチェックを外します
  • Proxifier DNS設定でプロキシでホスト名を解決にチェックを入れます
  • UDPレベルセクションのDNS処理でブロック(システムリゾルバのみを許可)を選択します
  • プロフィール → プロキシサーバーの順に進みます
  • 追加をクリックして、以下の認証情報でBright Dataのプロキシサーバーを定義します: -アドレス: 127.0.0.1 – ポート: 24000 – プロトコル: SOCKS Version 5
  • 追加すると、このようになります:
  • プロフィール → プロキシ化ルールに進みます
  • 以下のルールを追加します: – 名前: Proxy Manager – アプリケーション: "luminati proxy manager.exe" – アクション: Direct – 名前: Proxy – ターゲット名: 80; 443; – アクション: Proxy SOCKS5 127.0.0.1 プロフィール化ルールは、このようになります(順序に注意してください)。 事前定義のローカルホスト、デフォルトルールがあり、ダイレクトに設定されていることを確認しますProxifierを実行したまま、ビルトインプロキシ設定を一切使用せずにインターネットアプリケーションを使用します。ポート80から443までのすべての設定は、プロキシマネージャで定義されているようにBright Dataネットワークを通ります 問題が発生したら、ProxifierでLog → Screen_Log → Verboseと設定して問題を再生し、Proxifierの出力を調べます

Dataset Sample Request

コールを予約する