GoLoginプロキシとBright Dataの統合

GoLogin設定をセットアップし、Bright DataのプロキシIPに統合する方法について

GoLoginアプリを活用すると、フィンガープリントを管理できます。フィンガープリントを設定することで、各サイトでお望みのように自身を定義できるようになります。お望みのようにフィンガープリントを変更します。ブラウザプロフィールの管理

Bright DataにGoLoginを統合するには

  • GoLogin にサインアッ プします(10日間無料トライアル)
  • GoLoginを起動し、新規プロフィールをクリックします
  • 次のリストからベースのプロフィールを選択します
  • プロフィールのプロキシ設定では、Bright Dataの認証情報をGoLoginプロフィールに追加できます

静的レジデンシャルIP

静的レジデンシャルIPは独自の非回転プロキシであるため、GoLoginではこの静的レジデンシャルIPの使用をおすすめします。

  • まず、Bright Dataのダッシュボードにアクセスし、ゾーンの追加をクリックします
  • 静的レジデンシャルネットワークを選択します
  • IPプールサイズ欄には1を入力します。全プロフィールには新しいゾーンが推奨されるためです。
  • 国では、ドロップメニューからすべてを選択します。GoLoginを統合するにはAPIを使用し、これによって国が選択されるためです。
  • ゾーンの設定が完了したら、右下の保存ボタンをクリックします
  • ダッシュボードの左側にはメニューがあります。ツールボタンをクリックし、APIを選択します
  • 上部にある他のソフトウェアタブを選択します
  • 次に、ゾーンタブで作成したゾーンを選択します
  • エグジットノード国では、IPの所在地として指定する国を選択します
  • ページ下部からアクセスできる必要なプロキシ接続の詳細の印刷では、すべての設定とアカウント情報を確認することができます。この詳細をコピーアンドペーストして、GoLoginプロフィールと関連付けられたIPを設定できます。

例を見ていきましょう。

  1. アップストリームプロキシタイプ: Http
  2. プロキシIPまたはホスト名: lum-customer-***residential
  3. プロキシポート: 22225
  4. ユーザ名: Your Zone user name
  5. パスワード: Your Zone password

これでBright Dataのプロキシを使用して、GoLoginでユーザーのIPを変更することができるようになりました。

共有データセンターIP

共有DC IPゾーンを設定するには、「データセンター」ネットワークタイプをクリックし、共有レジデンシャルIPの手順にしたがって「IPタイプ」を「共有」に変更します(使用状況に応じたお支払い)。

レジデンシャルモバイルIP

モバイルIPゾーンを設定するには、専用レジデンシャルIPの手順を行います。

Dataset Sample Request

コールを予約する