Bright DataとのAdsPowerプロキシ統合

AdsPowerプロキシ設定をセットアップし、Bright DataのプロキシIPと統合する方法を学びます

AdsPowerは、ソーシャルアカウントまたはeコマースアカウントごとに分離指紋ブラウザを提供し、同じコンピュータで同時に多数のアカウントを簡単に操作できるようにします。

ブラウザ自動化ツールであり、複数の物理デバイスから来ているかのように、複数のソーシャルメディアアカウントを同時にバッチで操作できます。

AdsPowerの設定

  • ダウンロードAdsPowerをインストール
  • AdsPowerを起動し、Accsをアップロードアカウントマネジメントメニューから選択します
  • Bright Dataプロキシ情報を入力します
    • プロキシタイプ: luminati
    • プロキシホスト: zproxy.lum-superproxy.io
    • プロキシポート: 22225
    • プロキシユーザー: お客様のZoneのユーザー名
    • プロキシパスワード: お客様のZoneのパスワード

Bright DataとAdsPowerの統合

  • Bright Dataの管理画面に入り、Zoneを追加をクリックしてください。
  • ネットワークタイプを選択し、Zoneの追加を押します
  • Bright Dataダッシュボードに戻り、Zone名をクリックします
  • Bright DataのプロキシIP情報とアカウント情報をExcelに貼り付けます
  • ExcelをAdsPowerシステムにアップロードする

AdsPowerでBright Dataの動的レジデンシャルIPを自動的に照合する方法

  • AdsPowerソフトウェアの右下隅にある[無料アップグレード]ボタンをクリックして、AdsPowerのチームバージョンにアップグレードします(月額$ 25から)
  • メニューに入り、Enterprise → Settings
  • Bright Data動的レジデンシャルIPのユーザー名とパスワードを入力します
  • アカウントをインポートするときは、「Lumauto」を選択してください
  • Bright Dataから取得するIPの国/州/都市の情報、またはアカウントがログインして使用したIPアドレスを入力します
  • 構成が完了したら、 OKボタンをクリックします
  • アカウント管理インターフェースで、ブラウザを開くボタンをクリックすると、AdsPowerが予想される地域のIPにプロキシします

Dataset Sample Request

コールを予約する