プロキシサーバーとは、その仕組みは?

このガイドでは、プロキシサーバーの「機能」、「現在利用できるプロキシの種類」、「プロキシとVPNの比較」など、貴社が適切なツールを選択できるよう、プロキシサーバーに関するあらゆる情報を網羅しています。
What is a proxy server & how does it work?
Daniel Shashko
Daniel Shashko | SEO Specialist
01-Jun-2022

この記事では、以下の事項を詳述します。

定義:プロキシサーバー

プロキシサーバーは、顧客と「ターゲットウェブサイト」の間で仲介役として機能します。これは、基本的に、目的のサイトとの間でサーバーを経由してルーティングされることを意味します。このアーキテクチャは、次のような様々な理由で導入されることがあります。

  • ネットワークパフォーマンスの向上
  • データ/情報セキュリティの向上(ファイアウォールやフィルターとして機能)
  • データをキャッシュすることで、繰り返しの多いリクエストを効率化する
  • プライバシーの向上
  • ローカルIPアドレス経由の情報要求により、データ収集の成功率を向上させる

プロキシの仕組み

各コンピューターには、IP(Internet Protocol)アドレスが指定されています。つまり、他のコンピューター/デバイスは、誰が情報を要求/受信しているかがわかるため、通信することができます。しかし、プロキシを利用しようとする個人や企業には理由があります。直接のコミュニケーションには関心がないためです。そこで導入されるのが、第三者となるプロキシです。これは、プロキシにも独自のIPアドレスがあるという意味で、コンピューターと同じように機能します。それ以外にも、プロキシには次のような非常に便利な機能があります。

  • 他のデバイスに実際の送信元IPアドレスが見えないようにする
  • 他のIPアドレスを経由してトラフィックをルーティングして、ターゲットサイトがローカルデバイスから情報にアクセスしようとしていると考えるようにする
  • 送受信を希望する情報/データが、望ましくない第三者に傍受されないよう暗号化する
  • 特定のIPアドレスに対して、特定のウェブサイトへのアクセスをブロックする(コンピューターを遊びではなく、仕事に最大限に活用したい企業や大学などで利用可能)

つまり、様々なロケーションプロキシは、自分の位置とアイデンティティを世界から守るための一種の傘として機能する一方で、地理的な位置やその他の要因によって差別されることなく、オープンソースのウェブデータを取得できるようになります。

プロキシサーバーの利点

プロキシサーバーには、事業を有利に進めるためのいくつかの利点があります。システムとインターネットの間のファイアウォールとして機能し、ハッカーの侵入を防ぐことができます。また、IPアドレスの収集や、位置情報を利用したコンテンツへのアクセスを提供することもできます。プロキシサーバーに他国のアドレスを指定することで、企業は複数の場所で機能的に運用できます(例:現地のIPアドレスを使用して各種eコマースストアを管理する、特定の都市に特有のGoogle検索トレンドを収集するなど)。これは、リーチを広げたい企業、新しいターゲット市場/オーディエンスを発見したい企業、複数の市場で事業を展開している企業にとって、貴重なツールとなります。

簡単に説明すると、主な利点は以下の通りです。

  • セキュリティ向上:プロキシサーバーを利用することにより、現在企業で特定されていないIPアドレスを使用して、セキュリティを強化できます。
  • より迅速なパフォーマンス:プロキシサーバーは、ウェブページやファイルをキャッシュすることで、パフォーマンスを向上させることができます。
  • セキュリティ強化:プロキシサーバーは、例えばサービス妨害攻撃(DDoS攻撃)から企業を守るのに役立ちます。
  • トラフィック監視:プロキシサーバーは、トラフィックのフィルタリングに使用できます。
  • データ収集:プロキシは、企業がユーザー/地理的位置の観点から正しい情報にアクセスできるようにします。例えば、サンディエゴで販売されている競合製品の正価を取得する場合。

プロキシプロバイダーに聞くべき質問

  1. IPアドレスやウェブリクエストに関する情報を記録および保存しているかどうか、プロキシプロバイダーに必ず確認してください。
  2. これらの情報は暗号化され、ローカルに保存されているか。
  3. カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)や一般データ保護規則(GDPR)などの国際的なデータ収集規制を遵守しているか。

現在利用可能なプロキシサーバーの種類

現在利用可能なプロキシサーバーには様々な種類があり、それぞれ独自の機能と特徴があります。

リバースプロキシ:リバースプロキシは、顧客からリクエストを受け取り、別のサーバーに転送するプロキシサーバーの一種です。リバースプロキシは、トラフィックの負荷分散や、宛先サーバーのコンテンツをキャッシュしてパフォーマンスを向上させるために使用できます。主にサーバーのパフォーマンス、セキュリティ、信頼性の向上に貢献できます。

フォワードプロキシ:フォワードプロキシは、現在使用されているプロキシサーバーの中で最も一般的なタイプの一つです。一般的には、ファイアウォール(リクエストの通過を許可するかどうかを決定する)に対して「保護された」ネットワークからリクエストを転送するために使用されます。フォワードプロキシは、ウェブ上の「顧客」と「ターゲットサイト」間の内部/外部情報交換をフィルタリングすることにより、内部ネットワークのセキュリティを強化するために最も一般的に使用されています。

SSLプロキシ:SSLプロキシは、顧客とプロキシサーバー間のトラフィックを暗号化/復号化する透過型プロキシサーバーの一種です。SSLプロキシは、一般的に、企業が顧客/サーバー暗号化と同様に高度な/厳重なセキュリティプロトコルを実装できるように、詳細なアプリケーション情報を取得するのに有益です。また、セキュリティチームは、SSL暗号化トラフィックに埋め込まれた潜在的な脅威を可視化することができます。

匿名プロキシ:匿名プロキシは、顧客の身元を宛先サーバーに明かさないタイプのプロキシサーバです。送信元のIPアドレスを隠すことで、「アノニマイザー」と呼ばれることがあり、企業は、地理的/IPベースのブロックやターゲットデータの虚偽表示を行うことができます。また、競合他社のマーケティング資料や検索結果が、IPの閲覧履歴に合わせて調整されることを避けるために使用されることもあります。これにより、企業はインターネットを偏りなく見ることができ、「クッキー」やその他の識別子が収集される情報に影響を与えることを避けることができます。

透過型プロキシ:透過型プロキシは、ターゲットサイトに対する「顧客の活動」を傍受できるプロキシサーバーの一種です。例えば、大学のネットワークでウィキペディアを閲覧している学生は、原著を閲覧しているつもりでも、実際は大学のネットワークで動作する透過型プロキシを介して提供されている可能性があります。透過型プロキシは、通常、特定のウェブサイト、プロトコル、ポートへのユーザーアクセスを制御するために使用されます。

公開プロキシ:公開プロキシは、インターネット上の誰もがアクセスできるプロキシサーバーの一種です。匿名でウェブサイトを閲覧できますが、一般的に安全ではないと考えられており、企業が考慮すべき選択肢ではありません。セキュリティが脆弱になりがちで、そもそもプロキシを使う意味がなくなるからです。

データセンタープロキシ:データセンタープロキシは、データセンターに設置されたプロキシサーバーの一種で、どのインターネットサービスプロバイダ(ISP)にも属しません。一般的に、1つのサーバーに多数のIPアドレスが割り当てられ、そのサーバーを介して、すべての指定されたトラフィックがルーティングされます。

データセンタープロキシは、スピード、低い運用コスト、データソースの一貫性が重要なユースケースで維持されることから、企業に選ばれています。

レジデンシャルプロキシ:レジデンシャルプロキシは、 実際のユーザーIPの国際的なネットワークに基づくプロキシサーバーの一種です。実際の個人は、広告のないアプリ体験などの特典と引き換えに、自分のデバイスをネットワークに接続することを選択します。そのかわり、企業は自身のデバイスを経由してトラフィックをルーティングできます。

レジデンシャルプロキシは、高度なターゲットサイトからのデータ収集、実際/ローカルの消費者の視点からの情報表示、同時データリクエスト数の増加を可能にするために使用できます。

インターネットサービスプロバイダ(ISP)プロキシ:ISPプロキシ は、実際の居住地には割り当てられているが、商用に指定されているIPを利用するプロキシサーバーの一種です。ターゲットサイトは、リクエストが実際の居住地から発信されたものであるかのように表示、処理するため、企業はより速いスピードとより高い成功率を得られます。

ISPプロキシは、異なる地域にあるソーシャルメディア/eコマースのアカウント管理、ソーシャルセンチメントや商品のトレンド/価格に関する地域固有のウェブデータ収集に利用できます。他のユースケースと同様に、異なる地理的位置の実際の国内IPから利益を得られます。

モバイルプロキシ: モバイルプロキシは、 は、3/4G携帯電話端末を利用したプロキシサーバーの一種で、ユーザーは異なる携帯電話会社を選択できます。

モバイルプロキシは、デスクトップからアプリケーション、広告、モバイルベースのプログラムに直接アクセスし、品質保証(QA)や地域別のユーザーエクスペリエンス(UX)のテストを行うことができます。

プロキシサーバー 対 VPN

仮想プライベートネットワーク(VPN)は、公衆回線やインターネットに張り巡らされたプライベートネットワークです。匿名で安全にユーザーがデータを送受信することができます。VPNは、機密データを保護するために企業でよく利用され、自国ではブロックされているコンテンツにアクセスしたい個人が利用することがよくあります。

プロキシサーバーは、顧客とサーバーの仲介をするコンピューターのことです。あるサーバーから別のサーバーへのリクエストを転送するため、または頻繁にリクエストされるコンテンツをキャッシュしたりするために利用できます。プロキシサーバーは、多くの場合、以下のような目的のために利用されます。

  • パフォーマンスとセキュリティの向上
  • 地理的なブロックや料金制限など、ターゲットサイトの制限を回避
  • 正確な業界競合情報の収集

VPNとプロキシサーバーには、ユーザーが考慮すべきいくつかの重要な違いがあります。

VPNは、手動での作業や、遠隔地のコンテンツの閲覧、ローカルのeコマースサイトでの買い物をする個人にとって最適です。これは、VPNがトラフィックを暗号化し、安全なネットワークを通してトンネリングするため、誰かがデータを傍受したり改ざんしたりすることが難しくなるためです。さらに、VPNを利用することで、地理的な制約を回避し、ユーザーの現地では利用できないコンテンツにアクセスできます。

プロキシは、ローカルIPやデバイスを使用して大量のデータを収集したい企業でよく使用されます。これにより、企業は価格、競合他社の広告、ソーシャルセンチメントの情報など、正確な情報を収集できます。さらに、プロキシサーバーは同時リクエストを可能にし、企業のニーズに応じてデータ収集の規模を拡大、縮小できます。

プロキシへのアクセス方法

プロキシにアクセスする場合、企業には無料プロキシサーバー、社内システム、有料の第三者プロキシネットワークプロバイダーの3つの選択肢があります。

無料プロキシサーバーのオプションは、ネットワークの脆弱性のため、最も危険です。また、このオプションはセキュリティや暗号化が提供されないため、企業が攻撃される可能性があります。

社内システムを構築することにより、必要なことは実現できますが、運用開発、維持コストが高くなります。一方、有料の第三者プロキシネットワークプロバイダーは、社内コストを削減し、安全性の高いネットワークと暗号化を保証し、企業はさまざまなタイプのプロキシやオープンソースのプロキシマネージャーにアクセスできるようになります。これらの理由から、有料の第三者プロキシネットワークプロバイダーを利用することが推奨されます。

プロキシサーバーに関するFAQ

プロキシサーバーとは?

プロキシサーバーは、ユーザーのパソコンとインターネットを仲介するコンピューターです。インターネットに接続する場合、実際にはユーザーはプロキシサーバーに接続しており、プロキシサーバーはユーザーが利用したいウェブサイトやサービスに接続します。プロキシサーバーは、セキュリティ/パフォーマンスの向上や、顧客向けの正確なデータポイントの収集など、さまざまな目的で使用できます。

プロキシサーバーはどのような場合に利用すべきか

ファイアウォールの内側からインターネットにアクセスする場合、特定のウェブサイトを閲覧できるようにするためにプロキシサーバーを使用する必要があります。プロキシサーバーは、ユーザーのパソコンとインターネットを仲介するコンピューターです。これにより、ブロックされる、または誤解を招く情報を提供される可能性のあるウェブサイトにアクセスし、データを収集することができます。 利用可能なプロキシサーバーには様々なタイプがあります。無料のものもあれば、購入が必要なものもあります。どのタイプのプロキシサーバーを使用すればよいかわからない場合は、Bright Dataのプロキシタイプのページをご覧ください。

プロキシサービスとは?
  1. プロキシサービスは、2つのサービスやアプリケーション間の通信を可能にする仲介役的な存在です。仲介役として、セキュリティの層を提供し、送信元ユーザーのアイデンティティを保護します。 プロキシサービスは、セキュリティやプライバシーの向上、検閲やコンテンツ規制を回避できるなど、さまざまな利点があります。さらに、プロキシサービスを利用することで、コンテンツをキャッシュし、サーバーへのリクエストの回数を減らすことでパフォーマンスを向上させることができます。そして最後に、プロキシサービスは、次のような企業の戦略的な意思決定に役立つ一連の情報にアクセスするために利用できます。 1.リアルタイムでの商品価格設定方法(全面的なダイナミックプライシング戦略の実現) 2.同業他社との競合の仕方、マーケティングキャンペーン、現在提供されている製品の紹介 3.現在の検索エンジンのトレンド/クエリに基づいた潜在的なユーザー/バイヤージャーニーを設計する方法
Daniel Shashko
Daniel Shashko | SEO Specialist

Daniel is an SEO specialist here at Bright Data with a B2C background. He is in charge of ensuring that businesses get exposed to articles that help them become more data-driven. He is fascinated by the intricate inner workings that the digital world is comprised of and how these can be navigated for hypergrowth.

あなたは下記にもご興味がおありかもしれません

solve_and_prevent_recaptcha

WebスクレイピングとCAPTCHA

ネットサーフィンをしていると、CAPTCHAと呼ばれるセキュリティ認証に遭遇することがあるでしょう。それは、アクセスしているのがロボットやボットではなく人間であることを確認するチェックで、「橋の写真を選んでください」のような要求がされ、ランダムに表示される画像の中から橋の写真だけをクリックする方式が一般的ではないでしょうか。
How to use Selenium for web scraping

Seleniumガイドを使用したウェブスクレイピング

10分以内にターゲットサイトからウェブデータの収集を開始してCSVファイルに結果を保存するために必要となる唯一の手順ガイドです。
What is a reverse proxy

リバースプロキシとは

リバースプロキシは、より効率的な暗号化ツールとして機能し、負荷分散の実現に役立つだけでなく、コンテンツをローカルにキャッシュし、データ消費者に迅速に配信できます。本記事はリバースプロキシーについての究極ガイドです。
Puppeteer vs Selenium: Main Differences

Puppeteer 対 Selenium:主な違い

本究極のガイドでは、両ライブラリの起源、主要な特徴および機能、最も重要な事項を網羅しています。貴社の事業に最適な選択肢の選び方