データ解析とは?定義、利点、および課題

この記事では、データ解析について知っておくべきことをすべて説明します。データ解析とは何か、なぜそれが重要なのか、どのようにアプローチするのが最善かを解説します。
1 min read
What is a data parser featured image

このブログ記事をフォローして、データ解析のエキスパートを目指してください。以下をご覧ください。

データ解析とは?

データ解析とは、データをある形式から別の形式に変換するプロセスです。具体的には、通常、データ解析はデータを構造化するために使用されます。これは、非構造化データを構造化データまたはより構造化されたデータに変換することを意味します。このため、通常、データ解析はデータパーサーにより実行され、生データが解析、使用、保存しやすい形式に変換されます。

データ解析はAPIまたはライブラリを介して行われ、データ解析、データ管理、およびデータ収集に関して特に有用です。データパーサーを使用すると、大きなデータセットを細かく分割したり、生のソースから特定のデータを抽出したり、ある構造から別の構造にデータを変換したりできます。たとえば、HTMLページが与えられると、正しくプログラムされたデータパーサは、文書に含まれるデータをCSVのような読みやすく理解しやすい形式に変換できます。

データ解析は、金融から教育、ビッグデータからEコマースまで、さまざまな業界で日常的に使用されています。優れたデータパーサーは、手作業で作業することなく、生データから関連情報を自動的に抽出します。そして、この解析されたデータは、市場調査や価格比較などに使用されます。

では、データパーサーがどのように機能するかを見てみましょう。

データパーサーの働き

データパーサーは、ある形式のデータを取得して別の形式で返すツールです。このように、データパーサーはデータを入力として受け取り、それを精緻化し、新しい形式で出力として返します。したがって、データ解析プロセスは、いくつかのプログラミング言語で記述できるデータパーサーに基づいています。なお、データを解析するためのライブラリやAPIはいくつか用意されています。

データパーサーがどのように機能するか、例を使って説明しましょう。ここでは、HTML文書を解析する場合を考えましょう。HTMLパーサーは次のようにします。

  • 入力としてHTML文書を受け取ります。
  • 文書を読み取り、そのHTMLコードを文字列として保存します。
  • HTMLデータ文字列を解析して、目的の情報を抽出します。
  • 必要に応じて、解析中に対象のデータを精緻化、処理、または整理します。
  • 解析されたデータをJSON、CSV、YAMLファイルに変換したり、SQLやNoSQLデータベースに書き込んだりします。

データパーサーがデータを解析してフォーマットに変換する方法は、パーサーがどのように指示または定義されているかによって変わることに注意してください。具体的には、解析用APIやプログラムの入力パラメーターとして渡されるルールに依存します。あるいはカスタムスクリプトの場合は、データパーサーのコーディング方法によって異なります。どちらの場合も、人間の操作は不要で、パーサーが自動的にデータを処理します。

では、なぜデータ解析がそれほど重要なのかを見てみましょう。

データ解析の利点

データの解析にはいくつもの利点があり、多くの業界で利用が可能です。それでは、データ解析を採用すべき最も重要な理由を見てみましょう。

時間とコストの節約

データ解析を使用すると、繰り返し行われるタスクを自動化できるため、時間と労力を節約できます。さらに、データを読みやすい形式に変換することで、チームはデータをより速く理解し、タスクをより簡単に実行できるようになります。

データの柔軟性向上

データを解析して人間が扱いやすい形式に変換すれば、さまざまな用途に再利用できます。つまり、データ解析により、データ処理の柔軟性を高めることができるのです。

高品質なデータ

通常、データをより構造化された形式に変換するには、データを整理して標準化する必要があります。つまり、データ解析はデータの全体的な品質が向上させるのです。

シンプルなデータ統合

データ解析を使用すると、複数のソースのデータを単一の形式に変換しやすくなります。これは、異なるデータを同じ宛先(アプリケーション、アルゴリズム、またはプロセス)に統合するのに役立ちます。

データ解析の改善

構造化されたデータを扱うことで、データの調査と分析が容易になります。これは、より深く、より正確な分析にもつながります。

データ解析の課題

データの処理は容易ではなく、データの構文解析も同様です。その理由は、データパーサーが呼び出されたときに直面する障害がいくつかあるためです。押さえておくべき3つの課題を見てみましょう。

エラーと不整合の処理

データ解析プロセスへの入力は、通常、生データ、非構造化データ、または半構造化データです。その結果、入力データにはエラー、不正確さ、不整合が含まれる可能性があります。HTML文書は、この種の問題が発生する最も一般的なケースの1つです。これは、最近のほとんどのブラウザーは、構文エラーが含まれていてもHTMLページを正しく表示できるほど賢くなっているためです。そのため、入力されたHTMLページには、閉じられていないタグや、W3C(World Wide Web Consortium)に従って無効なHTMLコンテンツ、あるいは単に特殊なHTML文字が含まれている可能性があります。このようなデータを解析するには、これらの問題に自動的に対処できるインテリジェントな解析システムが必要です。  

大量データの処理

データの解析には時間とシステムリソースが必要です。そのため、特にビッグデータが関わる場合、解析がパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。このため、複数の入力文書を同時に解析して時間を節約するために、データ処理を並列化しなければならない場合があります。一方、それに応じてリソースの使用量や全体的な複雑さが増すことになります。そのため、大規模なデータの構文解析は容易な作業ではなく、高度なツールが必要です。

異なるデータ形式の取り扱い

強力なデータパーサーは、複数の入出力データを扱える必要があります。これは、データ形式がIT業界全体と同じくらい急速に進化しているからです。つまり、データパーサーを最新の状態に維持し、さまざまな形式を処理できるようにする必要があるのです。さらに、データパーサーは、異なる文字エンコーディングのデータをインポートおよびエクスポートできる必要があります。こうすることで、解析したデータをWindowsとmacOSの両方で使用できるようになります。

データ解析ツールの構築と購入の比較

これで明らかなように、データ解析プロセスの有効性は、使用されるパーサーに依存します。このため、当然のことながら、データパーサーの構築を技術チームに任せるのが良いのか、それともBright Dataのような既存の商用ソリューションを採用するのが良いのか、という疑問が生じます。  

独自のパーサーを作成すると柔軟性が高くなりますが、時間がかかります。一方、パーサーを購入するとすぐに使えますが、制御が効かなくなります。もちろん、問題はもっと複雑です。では、データパーサーを構築するのと購入するのとどちらがよいかを考えてみましょう。

データパーサーの構築

このシナリオでは、あなたの会社には、カスタムデータパーサーツールをゼロから構築できる社内開発チームがあるものとします。

長所

  • 特定のニーズに合わせた調整が可能です。
  • データパーサーのコードを所有し、その開発プロセスを制御できます。
  • たくさん使用するなら、長期的には、既成の製品にお金を払うよりも安く済むかもしれません。

短所

  • 開発、ソフトウェア管理、およびサーバホスティングのコストは無視できません。
  • 開発チームは、設計、開発、保守に多くの時間を費やすことが必要になります。
  • 特に強力なサーバーを導入する予算が限られている場合、パフォーマンス上の問題が発生する可能性があります。

解析ツールをゼロから構築することには、特に複雑な要件や特定の要件を満たす必要がある場合、常に利点があります。同時に、これには多くの時間とリソースが必要です。そのため、この種のツールを構築する余裕がない場合や、高度なスキルを持つチームがこの種のツールの構築に時間を浪費しないようにしたい場合があることでしょう。

データパーサーの購入

このような場合、求めているデータ解析機能を提供する商用ソリューションを購入することになります。通常、これにはソフトウェアライセンスまたはAPIコールごとの少額の料金支払いが必要になります。

長所

  • 開発チームが、その構築に時間とリソースを浪費することはありません。
  • コストは最初から明らかであり、サプライズはありません。
  • ツールのアップグレードと保守は、チームではなくプロバイダーが行います。

短所

  • ツールが将来のニーズに応えられなくなる可能性があります。
  • ツールを制御することはできません。
  • 結局、構築する場合よりも多くの費用がかかることになるかもしれません。

解析ツールの購入は手軽で簡単です。数回クリックすると、データの解析を開始する準備が整います。同時に、十分に高度でないツールを選んでしまった場合、すぐに役不足になってしまい、将来の要件に対応できない可能性があります。

Bright Dataによるデータ解析

これまで説明したように、構築するか購入するかの選択は、お客様の目標とニーズによって大きく異なります。理想的なソリューションは、独自のカスタムデータパーサーを構築するための商用ツールを用意することです。幸いなことに、これは存在し、ウェブスクレイパーIDEと呼ばれています!  

ウェブスクレイパーIDEは、解析の機能とアプローチをすぐに利用できる、開発者向けのフル機能ツールです。これにより、開発期間を短縮したり、規模に応じて拡張したりできます。また、Bright Dataのアンブロッキングプロキシ機能を利用して、匿名でウェブスクレイピングを行うこともできます。

なお、これが複雑すぎると思われる方のために、Bright DataにはData as a Serviceというサービスもあります。具体的には、お客様のニーズに合わせたカスタムデータセットをBright Dataに依頼することができます。これは、オンデマンドで、またはスケジュールに従って提供されます。基本的に、Bright Dataをご利用いただければ、パフォーマンス、品質、デリバリーを考慮しつつ、必要なときに必要なウェブデータを取得できます。これにより、データの解析が一層簡単になります!  

まとめ

データ解析を使用すると、生のデータを使いやすい形式に自動的に変換できます。これにより、時間と労力を節約でき、結果的にデータの品質が向上します。その結果、データ解析をより簡単に、より効果的に行えるようになります。一方、データ解析には、特殊文字や入力ファイルのエラーなど、いくつかの課題があります。そのため、効果的なデータパーサーを構築することは、それほど簡単ではありません。そのため、Bright DataのウェブスクレイパーIDEなどの、市販のデータ解析ソリューションを購入することをお勧めします。また、Bright Dataには、すぐに使用できるデータセットが豊富に用意されていることも付け加えておきます。

あなたは下記にもご興味がおありかもしれません

Anonymous Proxy_
プロキシ全般

匿名プロキシ: 定義とその仕組み

このガイドでは、次の内容を説明します。 では、さっそく始めましょう! 匿名プロキシとは何か? 匿名プロキシはアノニマイザーとも呼ばれ、インターネット上のアクティビティを追跡できないようにすることを目的としたプロキシサーバーの一種です。もっと詳しく言うと、ユーザーの身元、位置、プライバシーを隠すことがこのプロキシの目的です。 匿名プロキシサーバー経由でWebを閲覧しているユーザーは、デスティネーションサーバーで一般的な匿名ユーザーとして表示されます。具体的には、Webサーバーはリクエストを送信したユーザー本人を特定する情報を追跡できなくなります。 あらゆるタイプのプロキシが匿名プロキシとして機能できる点に注意してください。プロキシサーバーは、プロキシのタイプではなく、ユーザーとターゲットWebサイト間の動作方法に基づいて「匿名」と見なされます。 匿名プロキシサーバーの仕組み 匿名プロキシサーバーの機能は他のプロキシサーバーと同様で、ユーザーのデバイスとターゲットサイト間の仲介役として働きます。プロキシを使用した際の詳細は次のようになります。 要するに、デスティネーションは受信リクエストをソースクライアントから送信されたものとは認識しません。その代わりに、プロキシサーバーから送信されたリクエストとして認識します。ターゲットサーバーがプロキシのIPから発信されたリクエストとして認識するため、このプロセスでクライアントのIPが本質的に隠されることになります。IPはユーザーの位置特定に使用されるため、このプロセスでユーザーの位置情報を保護することにもなります。 匿名プロキシが他のプロキシと一線を画すのは、プライバシーに重点を置いている点です。ターゲットサーバーにリクエストを転送する際に、ユーザーのリクエストから識別情報を取り除くことで匿名性がさらに強化されます。隠す方法と隠すデータの種類によって、3つのカテゴリーに分類できます。以下のセクションで詳しく説明します。 プロキシ匿名性のレベル 匿名プロキシサーバーは、提供する匿名性のレベルによって、次の3つのグループに分類できます。 エリートプロキシ エリートプロキシは、ユーザー本人を特定する情報を完全に隠すことで、最高レベルの匿名性を提供します。ユーザーのIPを隠し、それ以外のユーザー固有の情報も一切送信しません。ユーザーの完全な匿名性を保つため、エリートプロキシはデスティネーションへのリクエストから次のヘッダーを削除する傾向があります。 匿名プロキシ 匿名プロキシは、ユーザーのIPアドレスを隠すことでプライバシーを向上します。高レベルの匿名性を提供しますが、それでもデスティネーションサーバーに一部の情報が漏洩する可能性があります。例をあげると、匿名プロキシではリクエストにいくつかのヘッダーを残すことが可能です。また、デスティネーションサーバーがリクエストをプロキシから発信されたものと識別し、リクエストに応じてブロックできるプロキシ固有のヘッダーを追加できます。 透過型プロキシ 透過型プロキシは匿名プロキシとは言い難いものです。透過型プロキシのX-Forwarded-ForヘッダーにはユーザーのIPが含まれ、経由ヘッダーにはプロキシのIPが格納されます。これはサーバーがリクエストを転送するために使用する仲介役としては機能しますが、通常エンドユーザーが使用することはありません。透過型プロキシがクライアントのオンラインIDとアクティビティを露出することがその理由です。 匿名プロキシ: ユースケース 匿名プロキシサーバーは、個人およびビジネス両方のアクティビティに関する無数のユースケースを提供します。個人ユーザーにとって、一番のメリットは安全なブラウジングです。匿名性は、ターゲティング広告、地理的な制限、潜在的な検閲からユーザーを保護し、より安全で自由なオンライン体験を促進します。 ビジネスおよび開発者向けの用途では、匿名プロキシが次の分野で重要な役割を果たします。 これらはほんの一例ですが、可能性は無限であることを忘れないでください! 匿名プロキシを使用すべき理由 オンラインアクター(サーバー、サービス、ソーシャルメディアなど)から身元(IPアドレスなど)を隠す重要性を示す説得力のある理由が多数あります。以下はその一部です。  オンラインプライバシーはかけがえのない資産です。どんな犠牲を払ってでも守る必要があります。それを実現するのが匿名プロキシです。特にWebスクレイピングの際に匿名プロキシは必須で、これによって慎重かつ効率的なデータ抽出が可能になります。 ただし、プロキシが常にプライバシーを確保すると思い込むのは危険です。無料の匿名プロキシサービスの多くは信頼性に欠けます。ユーザーに課金せずに世界規模のサーバーアーキテクチャをどうやって維持できると思いますか?彼らは無料を維持するために、ユーザーのデータを販売したり、ハッカーや政府機関が作ったマルウェアとなったりします。こういった事例はいくつかの研究でも証明されています。さらに、無料の匿名プロキシソリューションは通常HTTPSをサポートせず、SOCKSなどの高度なプロトコルもサポートしていません。詳細は SOCKSとHTTP比較ガイドをご覧ください。 このような理由から、無料のプロバイダーは利用せず、Bright Dataのような強力で信頼性の高い有料ソリューションを選択しましょう。 「匿名プロキシが検出されました。ここをクリックしてください」エラーへの対処方法 プロキシを使用すると、次のような「匿名プロキシが検出されました。ここをクリックしてください」というエラーページが表示される場合があります。   これは、プロキシ経由での接続をターゲットサーバーが検出したことを意味します。このエラーが発生する場合、次にような原因が考えられます。  通常、信頼性を欠くIPを提供する低品質または無料の匿名プロキシサーバーを使用することが主な原因です。「匿名プロキシが検出されました」エラーを修正するには、次の方法を実行してみてください。 これらの回避策がどれもうまくいかない場合は、使用中のプロキシプロバイダーよりも 優れたプロキシプロバイダーが必要になります。 プロキシを使用した際に表示されるエラーは、「匿名プロキシが検出されました。ここをクリックしてください」だけではないことに注意してください。これ以外にも発生する可能性のあるエラーは多数あります。プロキシエラーコードのガイド内で説明しているように、エラーの多くは迅速かつ簡単に解決できます。 まとめ この記事では、匿名プロキシとは何か、その仕組み、匿名プロキシが提供するプライバシーレベル、匿名プロキシを使用すべき理由について説明しました。詳細部分では、信頼できるプロキシサービスプロバイダーを使用すると、「匿名プロキシが検出されました。ここをクリックしてください」というエラーを回避できることも指摘しました。ただし、ここで問題となるのが、世の中にはプロキシプロバイダーが多数あること、すべてのプロバイダーをチェックするのに数か月かかることです。そんな時間とコストを節約するのが、市場で最高水準のBright Dataです! Bright Dataは世界最高のプロキシサーバーを管理しており、フォーチュン500企業と2万以上の顧客にサービスを提供しています。次にように、さまざまなタイプのプロキシを提供しています。 信頼性が高く、高速でグローバルなプロキシネットワークは、いかなるサイトからのデータ取得も容易に実行する、多数のWebスクレイピングサービスの基礎でもあります。
1 min read