2022年のベストオンラインデータ抽出のウェブスクレイピングツール

この究極ガイドでは、すべてのオプションを網羅して解説することでユーザーの皆様が知識に基づいた選択ができるようになり、最適なウェブスクレイピングツールの使用を開始できるようにすることを目的としています
The Best Web Scraping Tool to Extract Online Data in 2022
Nadav Roiter - Bright Data content manager and writer
Nadav Roiter
21-Mar-2022

この記事では、以下の事項を説明します。

ウェブスクレイピングは何を目的として使用するのでしょうか

ウェブスクレイピングツールはオープンソースのウェブデータを収集できる機能を企業に提供し、さらにこれらのデータは:

  • 構築化
  • クリーン
  • 合成
  • 処理
  • チームによって分析でき、アルゴリズム化できる準備が整っています。

ウェブスクレイピングは手動でも実行できますが、非常に多くのリソースを必要し、時間がかかる作業です。このため、多くの企業はこの過程を自動化できるツールを導入しています。

現在企業にウェブスクレイピングツールとして多く使用されているユースケースのいくつかをご紹介しましょう。

  1. 市場リサーチ:新商品の売り出しや新しい市場への参入を考えている企業は、可能性のあるターゲットオーディエンスについての情報を収集し、真似/学習できる競合他社のサクセス行動について調査します。
  2. 株式市場のデータ:ヘッジファンド、ポートフォリオマネージャ、ベンチャーキャピタリストはすべて、セキュリティ程度、会社ニュース、社員数または地理空間データ(作業中の建築現場または工場のサテライト画像など)に基づく成長度合いなどの金融データを収集しています。
  3. 旅行アグリゲータ:オンラインの旅行代理店(OTA)は、競合他社の休暇バンドル、特別キャンペーンや航空券・レンタカー・ホテル価格に関するリアルタイムの情報を収集することで、より優れた競争力を確保しています。
  4. フードデリバリー市場:オンデマンドのフードデリバリーは過去2年間で爆発的に増大し、レストランメニューのデータ、グルメのトレンド検索(中華料理? 日本料理? など)、消費者のジオロケーションに基づく注文量データを求める企業が増えています。
  5. 検索エンジンの最適化(SEO)/検索エンジン結果ページ(SERP)の収集: カスタマージャーニーの多くはシンプルな検索クエリから始まり、ビジネスを検索エンジン結果の上位にランク付けするまでとなります。このため、自社スペースで関連する検索クエリおよびキーワードの上位検索結果を収集して分析することで、自社のページを最適化し、より上位にランク入りさせることができます。
  6. ウェブサイトテスト: 別々の地域でサイトやアプリを構築したり、新しいユーザーエクスペリエンス(UX)やユーザーインターフェイス(UI)を展開する企業は、ウェブスクレイピングツールを使用してお客様の視点からフロントエンドの結果を見ることができます。これによって優れた品質保証(QA)とロードバランスを実現できるようになります。
  7. eコマース:価値に重きを置く消費者が多くいる非常に競争率が高い分野です。商品の一覧、デザイン、生産ラインを最適化してより高い換価率を獲得するためのベンダー、マーケットプレイス、収集されたブランド商品価格、カスタマーレビュー、在庫回転率(STR)、他のデータポイント。
  8. アドテック:マーケティングチームと代理店は、ウェブスクレイピングツールを使用して地域のキャンペーンがターゲットオーディエンスに意図するコピー、ビジュアル、URLで表示されることを確保します。また、競合他社の広告キャンペーンに関する情報を収集、インサイトの取得、より優れたクリック率(CTR)のためにキャンペーンを最適化します。
  9. マーケティングに向けたソーシャルメディア:企業は、ターゲットオーディエンスのソーシャルセンチメントについてのインサイトを獲得、協力できるインフルエンサーの特定、消費者がエンゲージするブログの特定の目的でウェブスクレイピングツールを使用することで、ナラティブマーケティングを実施し、新規の関心を生成します。

ウェブスクレイピングは誰によって使用されるのでしょうか(メリットとデメリット)

会社のチームリーダー、マネージャ、会社のCレベルは、通常の業務フローにウェブスクレイピングツールを使用するべきか、使用すべきではないかについて悩むことがよくあります。意思決定過程で以下の点について考慮してみましょう。

ウェブスクレイピングツールのメリット

  • リソースを開放:ウェブデータのスクレイピングを個別に実施するには、ソフトウェアを構築して維持する必要があります。これには、クラウドサーバー、ネットワーク、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)が含まれます。さらに、データポイントをクリーンにして構築し、サイトのアーキテクチャの変化に対応してコードを強化するエンジニア、IT担当者、DevOpsによるチームが必要となります。ウェブスクレイピングツールはこのような負担をサードパーティのプロバイダに移すことで、社内のこれらのリソースを商品開発やユーザーエクスペリエンスの向上に充てることができます。
  • データ収集のノウハウの活用オープンソースのデータをスクレイピングする作業は困難であり、特定のIPからの複数の情報リクエストがターゲットとするサイトからブロックされることもあります(レート制限)。他のサイトは疑わしいと判断されたり、競合他社のものとみなされたIPに誤情報を流します。ウェブスクレイピングツールはこれらの課題を簡単・短時間、抑制されない企画のグローバルなピアネットワーク、機械学習を導入する技術、再試行ロジックを開発します。
  • コードなしの機敏性:ウェブスクレイピングは限られた人材の中小企業(SMB)にとっては困難な作業です。さらに、チームリーダーやポートフォリオマネージャは、バックログにより重要ではなくなったデータポイントを取得するためだけに他の部署に指示をアウトソーシングする必要なく重要なデータポイントにアクセスしたいものです。ウェブスクレイピングツールでは、社内の任意の人材(マーケティング、セールス、企画)によってコーディングの必要なしのリアルタイムによる重要なデータアクセスが可能になります。また、実際のニーズに応じてデータ収集作業のオン・オフができることで、ワークフローや予算の柔軟性が可能になります。

ウェブスクレイピングツールのデメリット

情報セキュリティと市場独占の維持:一部の企業ではすべてのデータ収集システムを社内で実施することで全体的な制御を望むことがあります。自社のデータスクレイピングメカニズムを開発して維持するには、データセキュリティ、競合他社に関して情報の機密性の維持、データの価値から取得する商品のユニーク・セリング・プロポジション(USP)(株取引プラットフォームやeコマースベンダーのダッシュボードなど)などを考慮することがあります。

これらの懸念は恐れや感情に起因することが多く、事実に基づいているわけではありません。ウェブスクレイピングツールはエンド・ツー・エンドの暗号化を使用し、受信する当事者のみによって解読できる数百万の情報片に情報を分解します。データ収集ネットワークはコンプライアンスチームによってモニタリングされ、リアルタイムメカニズムにより悪意のある行動を発見してシャットダウンします。

なぜデータ収集が究極のスクレイピングツールとされるのでしょうか

データコレクターは完全自動化され、インフラストラクチャなしのウェブデータ収集ツールです。既成のテンプレートを使用することで非常に使いやすく、企業は素早く結果を取得できます。このテンプレートには以下が含まれます。

企業が好む特長とは

  1. 簡単でコードの必要なしのウェブデータ収集 – プロキシ管理とウェブデータ抽出を専門とするデータ獲得エキスパートを雇用する代わりに、チームのメンバーは「クリック&コレクト」技術を使うだけで必要な情報を取得できます。
  2. 完全に自動化されたデータ構築化とクリーン化 – 人工知能(AI)機能により必要なすべてのデータ処理が行われるため、マネジメントやアルゴリズムによる分析準備ができています。すべてのデータは、調和・合成・構築化されてのお届けです。
  3. スケーラブルでフレキシブルなデータ収集 – 常時のデータ関連負荷の代替策として、データコレクターは企業に機敏性を提供します。新しいクライアント、概念実証(PoC)、新規のターゲット市場に参入話がある場合、「データ収集マシン」をオンにできます。ニーズがない月にはオフにでき、資金を別事項に割り当てることができます。
  4. 業界最高水準のコンプライアンスとベストプラクティス – これには進行中のシステムログレビュー、使用状況モニタリング、本人確認(KYC)コール、コードベースの防止・技術応答メカニズム、個別コンプライアンス部署が含まれます。

最適なウェブデータ収集ツールを選びましょう

企業のニーズに合うウェブデータツールを選ぶことは、大変な作業です。プロバイダーがあなたやあなたのビジネスによく合うかを判断できるチェックリストをご紹介しましょう。

  1. 提供しているツールはほんとにコードやインフラストラクチャを必要としていませんか。データ収集手順を遅延させるような未発見の技術バックエンドタスクがありますか。
  2. 隠された料金がない実直な価格モデルがありますか。
  3. データクオリティは高く、倫理・コンプライアンス遵守の方法に基づいていますか。

Bright Dataは独自の「クリック&コレクト」テクノロジー、透明性のある価格モデル、高いクオリティ、GDPR/CCPAコンプライアンスデータを提供して長期価値のあるデータプールと派生のフロントエンド商品を確保します。

Nadav Roiter - Bright Data content manager and writer
Nadav Roiter

Nadav Roiterは、BrightDataのデータ収集エキスパートです。これまで、SubivieCommerce CRMのマーケティングマネージャー、Novarizeオーディエンスインテリジェンスのデジタルコンテンツを管理する役職を経験。ビッグデータ収集の自動化が日常のビジネスにいかに貢献するのか、様々なユースケースと合わせて紹介しています。

あなたは下記にもご興味がおありかもしれません

solve_and_prevent_recaptcha

WebスクレイピングとCAPTCHA

ネットサーフィンをしていると、CAPTCHAと呼ばれるセキュリティ認証に遭遇することがあるでしょう。それは、アクセスしているのがロボットやボットではなく人間であることを確認するチェックで、「橋の写真を選んでください」のような要求がされ、ランダムに表示される画像の中から橋の写真だけをクリックする方式が一般的ではないでしょうか。
What is a proxy server & how does it work?

プロキシサーバーとは、その仕組みは?

このガイドでは、プロキシサーバーの「機能」、「現在利用できるプロキシの種類」、「プロキシとVPNの比較」など、貴社が適切なツールを選択できるよう、プロキシサーバーに関するあらゆる情報を網羅しています。
How to use Selenium for web scraping

Seleniumガイドを使用したウェブスクレイピング

10分以内にターゲットサイトからウェブデータの収集を開始してCSVファイルに結果を保存するために必要となる唯一の手順ガイドです。
What is a reverse proxy

リバースプロキシとは

リバースプロキシは、より効率的な暗号化ツールとして機能し、負荷分散の実現に役立つだけでなく、コンテンツをローカルにキャッシュし、データ消費者に迅速に配信できます。本記事はリバースプロキシーについての究極ガイドです。